中国36歳コロナ患者が「退院後に死亡」の顛末

武漢のコンテナ病院は退院を一時ストップ

病院側は”治癒”したと判断したが… ※写真はイメージ (写真:財新記者 丁剛)
武漢で36歳の新型コロナウイルス患者が退院後に死亡。臨時のコンテナ病院は退院を一時ストップし、政府も説明に追われるなど動揺が広がっている。政府が定めた退院基準の甘さを指摘する声もある。中国の独立系メディア「財新」取材班が真相を追った。

 

王梅(仮名)家のカレンダーは、3月10日がペンで丸く囲まれ、そばに“happy”と書かれている。夫の李亮は、すでに”治癒”したと病院側に判断され、隔離施設に入って経過観察期間を過ごしていた。3月10日は、彼が隔離を解除され自由を取り戻すはずの日だった。

しかし李亮は、その日を迎えることができなかった。死亡医学証明書には、彼が3月2日午後5時8分に亡くなったと記されている。死因は新型コロナウイルス肺炎、呼吸器閉塞、呼吸不全の3つだ。

当局の指示で患者の退院を一時ストップ

李亮の治療を行った武漢市漢陽国博コンテナ病院(訳注:新型肺炎患者を収容するため、既存施設を改装してできた臨時病院)の院長・楊星海は財新記者に対し、今は暫定的に患者の退院をストップしていると話す。「これはわれわれが自ら止めているのではなく、指揮部の要求によるものだ。当院だけの措置ではない」。

本記事は「財新」の提供記事です

3月2日午後3時30分、王梅は、李亮が隔離されている武漢礄口区漢西三路のウィーンホテルから電話を受けた。電話の相手は彼女に、「ご主人は強いストレスを感じており精神状態がよくないです。すぐホテルに来てください」と伝えた。

王梅が自転車でホテルに向かうと、夫がいる509号室の扉は開け放たれていた。夫はベッドに横たわっていたが、布団がはねのけられており、靴下は履いていなかった。同じ日の午前10時に夫婦がビデオ通話をした際、李亮は「体温が35.3度しかない」と妻に伝えたが、妻は気温が低いからだろうと考え、靴下を履くようにと言っていた。

次ページ午後に容態が急変
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。