「武漢コンテナ病院」コロナ患者1760人の実相

臨時病院の1カ月間の生活を写真で振り返る

臨時病院となった「武漢ホール」は、延べ1760人の患者を受け入れた(写真:財新記者 丁剛)
新型肺炎の震源地となった武漢では、増え続ける患者を収容するべく、体育館などの施設が臨時の「コンテナ病院」に姿を変えた。その中で病魔と闘い続ける患者や医療スタッフの1カ月間を、中国の独立系メディア「財新」の写真記者が追った。

急増する新型肺炎患者を収容するべく、武漢ではコンベンションセンターや体育館などの施設が改装され、臨時の「コンテナ病院」となった。その第1陣の中で最大規模の「武漢ホール」は1461床のベッドを備え、2月7日から延べ1760人の患者を受け入れてきた。

3月7日午後、武漢ホールの最後の患者が転出した。一時は人々の声でにぎやかだったホールも、瞬く間に静けさに包まれた。

7日夜からホール内では全面消毒が行われ、8日午前に正式に稼働停止する予定だ。すべての医療スタッフは元いた職場に戻り、次の指令を待つことになる。

新疆の看護師が民族舞踊で患者を励ます

武漢ホールの管理を担ったのは、広東省や寧夏、新疆生産建設兵団から集まった国家緊急医学救援隊をはじめ、福建省や甘粛省、安徽省などからやってきた医療看護チーム、そして武漢大学中南病院だ。

数百人の医療スタッフによる丁寧なサポートによって、患者たちの恐怖や不快感は少しずつ解消されていった。

本記事は「財新」の提供記事です

ホール内を活気づけるため、医療スタッフは患者にベッドから離れて深呼吸するよう促したり、新疆ウイグル自治区出身の看護師が民族舞踊を披露したりした。

(次ページ以降はコンテナ病院内外の写真です。外部配信先ではすべてを閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でご覧ください)

次ページコンテナ病院での生活は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT