リーマン再来、百貨店売り上げ「2ケタ減」の衝撃

遠のく外国人客、業績のさらなる下方修正も

高島屋も2月の既存店売上高(グループ会社含む)が同11.7%減。阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オー リテイリングも同14.3%減だった。

新型肺炎の拡大を受け、営業時間を短縮する百貨店も続出している。高島屋は2月28日から、国内10店舗の開店や閉店の時間を見直した。そごう・西武も3月3日から全国15店舗の営業時間を短縮。大丸松坂屋百貨店は3月に合計4日間、大丸東京店(東京都千代田区)や大丸京都店(京都市下京区)など全16店を原則臨時休業する。

業績はさらに下振れも?

時短営業は売上高のさらなる減少を招く。三越伊勢丹HDやエイチ・ツー・オー リテイリング、松屋などの大手百貨店は、1月に今2020年3月期(松屋は2020年2月期)の業績計画を大幅に下方修正した。三越伊勢丹HDは当初、売上高1兆1900億円(2018年度1兆1968億円)、営業利益300億円(同292億円)とみていたが、今回1兆1550億円、200億円へと営業増益予想から減益予想に変えた。

百貨店各社の業績はさらなる下方修正もありそうだ(2月26日、記者撮影)

松屋も当初は売上高940億円(2019年2月期実績925億円)、営業利益21億円(同18億円)とみていたが、それぞれ910億円、10億円へと減益予想に修正した。当初、売上高9392億円(2019年3月期9268億円)、営業利益180億円(同204億円)とみていたエイチ・ツー・オー リテイリングは今回9280億円、160億円へと営業減益幅を拡大した。

コロナショックに直面した企業の最新動向を東洋経済記者がリポート。上の画像をクリックすると特集一覧にジャンプします

ところが、ある百貨店幹部は「現時点では、新型肺炎の影響を織り込み切れていないのが正直なところ」と明かす。新型肺炎の展開次第では、百貨店の2020年3月期の業績はさらに下振れする可能性がありそうだ。

「新型肺炎の影響は、今年の夏ごろまで続くかもしれない」と別の小売業界経営幹部は語る。先行きの見えない状況に不安を抱きながら、早期収束することを多くの関係者は祈っているが、混乱は当面続きそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT