「糖質カット料理」ができる最新家電の実力とは

35%オフできる炊飯器で炊いたご飯の味は?

ブランパンで糖質を大幅にカット。焼き立てはふわふわ。冷めてもしっとりしている(筆者撮影)

糖質制限ダイエットの流行で、消費者の興味は「カロリー」から「糖質」に移行しており、コンビニなどでも「糖質カット」飲料や食品をよく見かけるようになった。家電業界でも糖質カットを実現する製品が登場している。今回は手軽に糖質カット料理ができる、話題の最新家電をご紹介する。

ホームベーカリーの新製品は、ここ数年ほとんど発売されていない。数年前までは東芝、象印マホービン、タイガー魔法瓶などがホームベーカリーを発売していたが、継続的に販売しているのはパナソニックとツインバード工業など、一部に限られている。ホームベーカリーは焼きたてのパンを食べられるメリットはあるが、材料費が高いこと、時間がかかること、味に飽きてしまうといった理由から、下火になった家電ジャンルだ。

「ブランパンメーカー」がリニューアル

ツインバード工業「ブランパンメーカー」(実勢価格1万5000円)は、爆発的に売れているわけではないものの、コンビニなどでヒットした「ブランパン」を家でも作ることができるということで、2017年の発売以来、売り上げは堅調だという。

ブランパンとは、小麦の表皮「ブラン」で作ったパンのこと。小麦の粒は、胚乳・胚芽・表皮で構成されているが、その表皮でパンを焼くことができる。胚乳から作られた小麦粉には糖質がたっぷり含まれているが、表皮にはほとんど含まれていない。そのため、糖質制限中でもパンを食べたい、という人にぴったりだ。

ブランパンメーカー発売から2年が経過し、2019年には「ブランパンメーカー」の新モデルが登場した。ブランパンは甘味がほとんどなく、少し酸味のようなものがあり、独特な香りがする。加えてパサつきが気になり、「続けて食べるのがつらい」という声もあったことから、パンをふっくらと焼けるように発酵や焼き時間、パンケースの形状などのプログラムを見直し、改良したという。

実際に焼いてみると、旧モデルよりもやわらかく、キメが細かくなってしっとりしている。一般的な食パンよりもふわふわで、わが家の子どもたちにも「パサパサしていないので食べやすい」と好評だった。

次ページブランパンのおすすめの食べ方は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT