「アメトーーク!」がフジの番組を特集した衝撃

「ザ・ノンフィクション」を異例の深堀り

テレビ朝日の番組がフジテレビの番組を特集するという異例の出来事が(撮影:今井 康一、田邉 佳介)

まさに異例中の異例。「禁断の企画」と言ってもおおげさではないでしょう。2月20日夜、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「ザ・ノンフィクション大好き芸人」が放送され、ネット上には驚きや喜びの声が飛び交っていました。

「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)は日曜14時から放送されているドキュメンタリー。1995年から約25年間にわたって放送され、同時間帯の視聴率トップを獲得することも多いフジテレビが誇る看板番組の1つです。

その看板番組を「アメトーーク!」がフィーチャーする……つまり、テレビ朝日がフジテレビの番組を宣伝するということ。視聴率争いでしのぎを削る他局番組の宣伝は、自局の業績にも関わることだけに、一般企業の競合他社に置き換えると、その異例さがわかるのではないでしょうか。

とりわけ「アメトーーク!」は「家電芸人」「餃子の王将芸人」「天下一品芸人」「CoCo壱番屋芸人」「読書芸人」「マンガ大好き芸人」など放送後に「フィーチャーした商品が売れる」という現象が起きる影響力の大きさで知られる番組。だからこそこれまで「ドラえもん芸人」「徹子の部屋芸人」「ロンドンハーツ芸人」「仮面ライダー芸人」「サッカー日本代表応援芸人」「高校野球大好き芸人」「プロレス大好き芸人」など、テレビ朝日系が放送中の番組を絡めた企画が放送されてきました。

今回の放送では、なぜ敵に塩を送るような企画を放送したのでしょうか。今後、他の番組や業界全体にどんな影響があると考えられるのでしょうか。

1時間まるごと勝手に他局の宣伝

「アメトーーク!」の「ザ・ノンフィクション大好き芸人」は、冒頭に「フジテレビの人気ドキュメンタリーを勝手に語る1時間」「『他局の番組をテレ朝でやる』ってどう思いますか…?」というナレーションがあったように、許可は一切取っていないそうです。

次ページ自局に不利益なことがあっても
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。