ミニストップ「マクドに挑んだ」独自の成長戦略

狙ったのはファストフードとコンビニの合体

コンビニを出店するにあたり、母体であるジャスコ(現イオン)は業態開発プロジェクトチームを発足させ、流通先進国であるアメリカを視察し、ノウハウを持つ企業との提携も模索したが、最終的には新しい「器」を自分たちで創造する方針を固めた。ではそこで、なぜコンボストアになったのか。

ミニストップ独自の成長戦略

1つの業態だけではなく、成長性の高い業態同士を組み合わせて、1プラス1を2、さらに3にする可能性に賭けたのだろう。成長性の高い業態を組み合わせて力を倍増させて、先行するコンビニチェーンを追いかけ、競合しても負けない業態を志向したのだ。

成長性の高い業態の一方は、もちろんコンビニである。そして、同じく成長著しかったフードサービス業の中でも、職人を必要とせず、経験の浅いアルバイトでもオペレーションできるファストフードに狙いを定めた。3桁、4桁のチェーン化を志向するのであれば、ファストフードは、コンビニとの相性も抜群にいいと考えた。

ミニストップ1号店開店の80年、外食市場は約14兆円の規模に達している。外食市場は10年間で約5倍の成長を遂げてきた。中でも1971年7月に銀座三越の1階に出店したアメリカ発のマクドナルドは、1976年12月に100店舗、1979年10月に200店舗と、破竹の勢いで進撃している真っ最中である。

ケンタッキーフライドチキンは、1970年11月に日本上陸。当初は出店立地をアメリカの主流である郊外に設定したところ、知名度が低かったために集客が上手にできずに撤退するも、マクドナルドが銀座の一等地で知名度を上げる作戦により成功したことで、ケンタッキーも同様に大都市から攻略する戦法に改めている。その後は成長軌道に乗せて、1980年には売上高100億円を突破していた。

ミニストップは1980年7月1日、横浜市港北区の住宅地に1号店の「ミニストップ大倉山店」をオープンする。初代店長には、現在のイオングループを率いる岡田元也が着任している。

次ページファストフードの粗利益率は55%
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT