ミニストップ「マクドに挑んだ」独自の成長戦略

狙ったのはファストフードとコンビニの合体

しかし、コンボストアにしたことで、思わぬ効果が表れた。当時のコンビニは学生や、20代、30代の独身男性がメインの顧客層であり、今と違って女性客は少なく、ましてファミリー層の利用はごくわずかにとどまっていた。それが、ファストフードが吸引したことによって、子ども連れの主婦にも利用動機が生まれた。

こうした客層の変化がコンビニ部門にも波及して、婦人向けの女性誌が他チェーンの5倍、ベビー用品やファンシー雑貨、エンド陳列したサンリオのハンカチなども非常に売れたという(『食品商業』1981年10月号)。その点で、客層を拡大した画期的な試みであったと評価できる。

ただ、1つ誤算があったのが、マクドナルドの圧倒的な店舗数の拡大である。1980年ごろは300店に届く程度であった。しかし、1985年には500店舗となり、1993年には1000店舗を超え、1999年には3000店舗を突破している。

ヒット商品「ハロハロ」で狙った差別化

バブル崩壊後の1990年代は「バリューセット」によりお値打ち感を前面に出し、単品価格も下げて消費者の支持を得た。

『コンビニチェーン進化史』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2000年には平日半額により、ハンバーガーを65円にまで下げてデフレ経済の象徴とも見られた。

ミニストップのファストフード部門にとっては、単体で戦える相手ではもはやなく、春夏のコールドスイーツの訴求、あるいは、コンビニ+ファストフードの「利便性」を軸にした集客方法へとスイッチしている。1995年には、かき氷をパフェ感覚で提供する「ハロハロ」を店内製造商品として発売し、夏のスイーツとして定着させ、独自の商品分野を開拓して、他のファストフードとの差別化を試みている。

ちなみに、ミニストップの屋号の由来は次のように記されている。

(ミニストップHPより)
近くの街角にありちょっと立ち寄れるところという意味の「Minute Stop」から日本人になじみやすく『立ち止まって、次に前進する』という意味も込め、発音しやすく、親しみやすい『MINISTOP』になりました。

ストップには「立ち寄る」の意味がある。阿部幸男によるとミニストップ創業当時、アリカのコンビニで店名に「ストップ」を冠するチェーンは、ショート・ストップ、キック・ストップ、ストップン・ゴー、ストップン・ショップ、ストップン・サーブ、リトル・ショートストップなど、非常に多かったという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT