使える!経済学の考え方 みんなをより幸せにするための論理 小島寛之著

使える!経済学の考え方 みんなをより幸せにするための論理 小島寛之著

経済学は単なる「カネ儲けの学問」ではない。「どうすればみんなが幸福になれるか」を探求する学問であると、数学エッセイストとしても人気の経済学者が「幸福」「平等」「公正」「自由」「安定」といった概念を数学的に論じる。

ベンサム「最大多数の最大幸福」、ピグー「厚生経済学」、ハルサーニ「公正無私な理想的観察者」定理、セン「リベラル・パラドクス」、ギルボア「意思決定理論」、ロールズ「マックスミン原理」という一時代を画した経済理論を例にして、「よい社会とはどういう社会なのか」といった根源的な問題について経済学者がいかに数理的、論理的に思索してきたかを解説。最先端の確率理論を駆使して「平等」という難題にも挑む。

ちくま新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。