米独の諜報機関が世界各国公電を盗聴した手法

5Gのインフラ構築をめぐる議論にも影響か

ドイツ・ミュンヘン近郊プラッハにある旧連邦情報局本部(筆者撮影)

2月11日に欧米のメディアがスクープとして伝えた、アメリカとドイツの諜報機関による長期にわたる大規模な盗聴活動は、世界各国の政府を震撼させた。

ドイツの公共放送局・第2ドイツテレビ(ZDF)、アメリカのワシントン・ポスト紙、スイスの放送局SRFの調査報道によると、アメリカの中央情報局(CIA)とドイツの連邦情報局(BND)は、1970年代にスイスの暗号機器メーカーのクリプト社を密かに買収し、この企業が各国政府に売った無電通信の暗号化装置を通じて、20年以上にわたり通信の盗聴を行っていた。

中立国スイスを隠れ蓑にした諜報作戦

問題の装置は、クリプト社が1952年に開発したCX-52というアナログ式の暗号化装置だ。クリプト社は当時世界の暗号機器業界の80~90%のマーケットシェアを持つトップメーカーだった。CX-52は、多数の数字が刻み込まれた6枚の金属製の円盤を使って、平文を暗号文に変換する。機械の蓋を開けると、狭い空間に周縁部に数字が打刻された円盤など、部品がぎっしりと詰まっている。

6枚の円盤の組み合わせ方を変えれば、独自の暗号パターンを作ることができる。当時CX-52による暗号文は「解読不可能」とされたため、多数の政府がこの機械を購入した。クリプト社が暗号化装置を売っていた国の数は、サウジアラビア、イラン、アルジェリア、インド、パキスタン、リビア、メキシコ、バチカン市国など130カ国に達する。販売先には日本も含まれている。

機械的な優秀性と並んで、多くの政府がこの製品を買ったもう一つの理由は、スイスの中立国としての信頼性である。スイスは「わが国は永世中立国であり、冷戦の時代にも東西陣営のどちらにも加わらない」と主張した。多くの国の外交官や軍人たちは、スイスの中立性を信じてこの製品を選んだのだ。クリプト社のCX-52の売上高は1970年には1500万スイスフラン(16億8000万円・1スイスフラン=112円換算)だったが、わずか5年後には2.4倍の5100万スイスフラン(57億1200万円)に増えている。

だがZDFなどによると、CIAとBNDは、クリプト社が売る暗号化装置CX-52のアルゴリズムを操作して一種の「抜け穴」を組み込み、この装置で暗号化された通信内容を解読できるようにした。ZDFは、「この機械を買った国のうち、約100カ国の暗号無電がアメリカとドイツの諜報機関によって解読されていた」と主張する。

つまり各国の大使館員らがCX-52で暗号化して本省に送っていた外交公電は、アメリカやドイツの諜報機関に筒抜けになっていた。今日ならば、諜報機関が世界中で使われているOSにゼロ・ディ・エクスプロイト(zero day exploit=誰にも発見されていない抜け穴。ハッカーなどがITシステムへの侵入に使う)を組み込むことに匹敵する荒業だ。

次ページ大使館の外交公電が筒抜け
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。