48歳男性が婚約者と手も握らなかった仰天理由

「体の関係を強要されるなら、結婚しない」

新居を決め、家具を見に行ったときも自分の好きな家具や掃除機を見つけると、恭子の意見には聞く耳を持たず、「これがいい!」と言って譲らなかった。

顔も普通、性格も決して悪い人ではない。ただ、47歳の大人の男にしては、子どもじみている部分が随所に目についた。

最後に恭子は、言った。

「破談になって以来、 “結婚しなくて本当によかった”と自分に言い聞かせていたものの、最初はやっぱりつらかった。日にち薬だと思って生活をしていて、昨年の夏ごろは気持ちも随分落ち着いたんです。でも、彼とお見合いをした秋になったら、またつらい気持ちがぶり返してきた。街のイルミネーションを見たりすると、“2人でここに行ったな”“あそこでこんな話をしたな”って、思い出してしまって」

0と100の人が結婚するのは難しい

そして、年が明け、婚約破棄をした2月に、“もうこれで気持ちにきっちりと整理をつけよう”と私を尋ねてきた。

「今日を最後に、婚約破棄した過去とは決別します!」

正直なところ、今はまだ婚活を再開する気持ちにはなれないという。しかし、子どもを望んでいないのなら、気持ちが前向きになったときにまた婚活を再開すればいい。

人間の3大欲求は、食欲、睡眠欲、性欲だと言われている。ただその欲求の強さは、人それぞれに違うだろう。食欲、睡眠欲に関しては、結婚しても個人で管理していけば、夫婦間の大きな問題にはならない。しかし、性欲に関しては互いを求め合うことなので、0と100が結婚するのは難しい。

あいさつ代わりにキスやハグをする文化が定着していない日本では、性に関することをオープンに話すのは、はばかられる傾向にあるが、結婚を意識している相手とは、しっかり話し合うことも大切なのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。