日本人はSNS加害者になる危険を知らなすぎる

「よかれと思って」が引き起こす大変な事態

次に反社会的勢力は、リツイートした人たちに声をかけてパーティーをします。かわいい女の子も集めた、派手目のパーティーです。

「ここのお金はいいよ」と言ってタダで飲み食いさせます。お金のない学生はすっかりいい気分になり、舞い上がってしまいます。

そうやってお金に興味のある若者を集め、頃合いを見計らったところで、「いいバイトがあるよ、やらない?」と切り出します。

その仕事は、大麻・覚醒剤の販売や、振り込め詐欺の受け子で、これに一度でも手を出せば、二度と抜けられなくなってしまうのです。

スマホ技術の進歩とともに知識もアップデートすべき

Twitter をのぞいてみると、闇バイトの募集告知があふれています。例えば――。

「ブラック案件。日当10〜20万円 #闇バイト」
「大阪で運びあります。平均日当5〜10万円 #闇バイト」

闇バイトというのは、要するに特殊詐欺グループの仕事です。しかし実際には、自らその違法な仕事を求めていってしまう人も少なくないのが実情なのです。SNSのリテラシーの必要性を痛感します。

『あなたのスマホがとにかく危ない~元捜査一課が教える SNS、デジタル犯罪から身を守る方法~』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

以上のように、SNSになじみにある人は、自らが加害者になる投稿をしていないかどうか、またSNSになじみのない人でも、自分の家族がそうした犯罪の片棒を担ぐ投稿をしていないか、意識を高くして注意する必要があります。

安全と危険の境界線を理解し、家族を正しく導くためにも、スマホ技術の進歩に合わせて、自分の理解のアップデートも怠ってはいけません。

スマホに潜む危険というのは、SNSの問題だけでなく、セキュリティーロックの設定、不適切動画やデジタルタトゥーの問題、巧みに誘導される詐欺サイト、個人情報を狙う危険なフリーWi-Fi、子どものスマホ管理の問題等々、多岐にわたります。

ぜひみなさんも自分と家族のスマホの使い方をチェックしてみてください。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。