日本人はSNS加害者になる危険を知らなすぎる

「よかれと思って」が引き起こす大変な事態

炎上などからもわかるように、ネットでは怒りのベクトルが一斉に同じ方向に向きやすく、正義感が暴走しやすい。だからこそ、食いつきたくなる情報ほど、拡散する前に冷静に吟味することが大切なのです。

SNSのフェイク情報を信じて逮捕

そのほかにも、SNSに踊らされた結果の逮捕例は少なくありません。こんな事例があります。

ある男がオービス(速度違反自動取り締まり装置)にかかり、制限時速40kmの道路を時速78kmで走行したとして速度超過で逮捕されました。

しかし、通常はこのレベルの速度超過では、逮捕まではされません。ではなぜ逮捕されたかというと、ネットのデマを信じて警察からの出頭要請を拒み続けたからです。

男はネットのデマ情報から、オービスの写真1枚では本人と断定できないので、警察への上申書に「運転していたのは自分ではない。車は第三者に貸していたが、その人の名前は明かせない」と書いて出頭を拒めば大丈夫、と信じてしまったのです。

このデマを信じて逮捕された人は、1人や2人ではありません。素直に警察の出頭命令に応じていれば、逮捕までされることはなかったのです。

こうしたネットのデマにだまされないようにするには、

① ネットの情報を鵜呑みにしない
② エビデンス(根拠)があるのかを必ず確認する

この2つを習慣にすることです。

本当かどうかは、例えばその情報に関係する組織や機関に問い合わせをすれば、すぐに確認がとれるはずです。

SNS等のネット情報は、まず疑ってかかる癖をつけたほうがいいでしょう。

デマの拡散以外でも、とくに若い世代に忍び寄っている魔の手があります。それが「闇バイト」です。

振り込め詐欺などでは現金の受け取りなどをする「受け子」が必要になります。そこで反社会的勢力は、SNSを通じてその募集を行うのです。

よくあるパターンとしては、Twitterで「これをリツイートしたら1万円あげます」とツイートをします。お金がほしい人は、言われたとおりリツイートします。

すると本当に1万円をあげるのです。遊びたいけどお金がない大学生などは大喜びです。

次ページ“高額が稼げる”で行ってみたら「闇バイト」だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。