家余り時代に入居希望者を増やす「ひと工夫」

住宅流通を救う!?ホームステージングの実力

すでに“家余り”状態となっている日本。徐々に普及しつつあるホームステージングは、住宅流通市場の救世主となるだろうか。写真は賃貸住宅の例(写真:林浩一さん提供)

住宅を売るときなどに、室内を家具やインテリアなどでディスプレーして魅力的に演出するのが「ホームステージング(Home staging)」だ。アメリカでは、住宅を売るなら当たり前の手法だが、日本でも徐々にホームステージングが普及しつつある。

というのも、日本ではすでに、住宅ストック数が世帯数を上回る“家余り”状態になっている。今後も人口や世帯数が減少する一方、住宅のストック数は増えていく。立地や築年数などで条件が悪い住宅は売りづらい、貸しづらいことになる。こうした状況の救世主になる可能性があるのが、ホームステージングだ。その実力を見ていこう。

ホームステージングの実力とは?

ホームステージングを施せば、当然ながら費用が発生する。それでもステージングするメリットは、家具などを配置することで広さが実感できるだけでなく、その部屋でどういった暮らしができるかをリアルにイメージできることにある。

日本ホームステージング協会が公表した「ホームステージング白書2019」を見ると、不動産の仲介・賃貸ともに、ステージング後に内覧者が増え、成約期間が短くなる傾向が明らかだ。

(出所)日本ホームステージング協会「ホームステージング白書2019」を基に東洋経済作成
次ページ内覧者が増えた理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。