目標達成できない人が使う5つの「残念ワード」

目標が達成できるかは「行動計画」で決まる

最後に、注意すべき5番目のNGワードとして、「カタカナ言葉」があります。具体例も一緒に挙げておきましょう。

NGワード5:定義が不明確なカタカナ言葉

例……「コミュニケーション」「ソリューション」「チームワーク」など

・コミュニケーションを活性化する

・課題をソリューションする

・チームワークを発揮する

コミュニケーションはいったい何を行うの?

このようなカタカナを使った行動計画も、実際に何を行うのかは不明瞭です。

『科学的にラクして達成する技術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「コミュニケーション」とはいったい何を行うことなのでしょう?

「ソリューション」って何をすることでしょうか?

「チームワーク」とは何を表しているのでしょう?

やはりすべて不明確です。実は、難しい熟語やカタカナ言葉を使っているときは、本当は意味がわかっていなかったり、あまり深く考えられていなかったりすることがほとんどです。

そのため、具体的な行動をしっかり頭で考えながら行動を計画する必要があるのです。試しに2つほど具体的な行動に変えてみると、次のようになります。

改善前:「コミュニケーションを活性化する」

改善後:「お気に入りの音楽をかけて元気な声かけをする」
改善前:「チームワークを発揮する」

改善後:「部会で一人ひとりの考えを発表して共感し合う時間をつくる」

以上、「5つのNGワード」を説明してきました。繰り返しですが、行動を実践できるかどうかは、行動計画を立てた時点で9割決まります。そして目標達成は「行動計画の質」によって左右されると言っても過言ではありません。ぜひこうした「残念ワード」を使うことなく、確実な行動実践につなげてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT