ユニクロ転職、戦略コンサルの「脳天ガツン」話

結果オーライ人生を変えたリード・ザ・ジブン

充実した会社人生を送るコツとは?(写真:itakayuki/iStock)
「過去最高の自分になり、仲間を育て、最強チームをつくる」人と組織の変革手法、リード・ザ・ジブン。この手法は、ボストンコンサルティンググループ(BCG)のパートナー、ファーストリテイリング(ユニクロ)の人材育成機関の担当役員、アクセンチュアの人材・組織変革プラクティスの責任者を務めた経験をもつ、宇佐美潤祐氏が試行錯誤を重ねながら磨き上げてきた。このたび『リード・ザ・ジブン ユニクロで人材育成の責任者をやってみた。』を上梓した同氏が。充実した会社人生を送るコツとは何かを説く。

BCGのパートナーになったが、「糸の切れた凧」だった

「リード・ザ・ジブン」。

『リード・ザ・ジブン ユニクロで人材育成の責任者をやってみた。』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「なんじゃそれは?」と思われた方は多いのではないでしょうか。リード・ザ・ジブンの原型は、全人格リーダーシップ育成機関ISL(Institute for Strategic Leadership)のファウンダーであり、日本におけるリーダーシップ教育に大きな変革を起こした野田智義さんの「リード・ザ・セルフ」です。

筆者は40歳のときにボストン コンサルティング グループ(BCG)のパートナー向けリーダーシップ研修で野田さんのリード・ザ・セルフと出会いました。

BCGの中途入社同期約20人のうちパートナーになったのは筆者を含め2名だけでした。コンサルティングファームでは、アップ・オア・アウト(Up or Out)が原則です。一定期間の中で次のキャリアステージに進めなかったらアウトということになります。

もちろん、途中でやりたいことを見いだして辞める人も少なからずいますが、いずれにしても世界的コンサルティングファームであるBCGの経営者・株主・執行役員であるパートナーになるというのは、感慨深いものでした。

パートナー昇進祝いでプレゼントしてもらったみんなのメッセージが書き込まれたモエ・エ・シャンドンのマグナムボトルはもったいなくて飲めないまま、宝物にしています。

しかし、何だかモヤモヤしていたんです。BCGでパートナーとして一体何をやっていきたいのか? もちろん、仕事として必死になってやってはいましたが、何かバックボーンがないというか、ちょっと「糸の切れた凧」になりかけていたように思います。

次ページそんなとき、脳天をガツンとやられる言葉に…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。