知らないと損!iPhoneを少しでも安く買う裏技

決済サービスの還元キャンペーンを有効活用

どうしても予算が足りないというときは、中古に目を向けるのもありだが、赤の他人が使っていたことに抵抗があるという人もいるだろう。中古の場合、状態にもよるが、新品とは違って傷がついているケースもある。機能的には問題がないとしても、なかなか踏ん切りがつかないかもしれない。このようなときに検討したいのが、CPOだ。

3. iPadの場合は「認定整備品」がお得

CPOとは、「Certified Pre-Owned」の略で、日本語にすると認定中古に近い意味合い。アップルは認定整備品と呼んでおり、自身のオンラインストアでもこれを販売している。外装が交換されており、見た目は新品同然で保証もつく。目に見える部分が新品と変わらないため、安ければそちらのほうがいいという人もいるはずだ。

CPOのiPadはアップル自身が販売しているので安心だ(筆者撮影)

ただし、残念ながらアップルはCPOのiPhoneを販売していない。現時点でオンラインのApple Storeで購入できるのは、iPadやiPod touchなどの製品だ。

例えば、11インチのiPad Proは、Wi-Fiモデルの64GB版がCPOで8万3380円。新品の場合、9万8780円のため、1万5000円ほど安く手に入る計算になる。Wi-Fi+セルラー版やストレージの容量も選択でき、今、iPad Proを購入したいなら悪くない選択肢と言えるだろう。ただし、CPOという特性上、整備するための元手がいるため、つねに在庫があるとは限らない。モデルや容量によっては、在庫がない可能性もある。

アップル自身はCPOのiPhoneを取り扱っていないが、一部のMVNOが独自の流通を使って、これを販売しているケースもある。例えば、NTTコミュニケーションズ傘下のNTTレゾナントが運営するgoo Simsellerでは、CPOのiPhone XRやiPhone XSなどを販売。

iPhone XRは、Apple Storeで新品を購入したほうが安いが、すでに同ストアにはないiPhone XSやiPhone 7などまで販売されているのが魅力だ。同様に、MVNOのmineoも、CPOのiPhone XSなどを取り扱っている。最新のiPhoneでなくても安いほうがいいというときなどは、これらの端末を検討してみてもいいだろう。いずれも在庫の確認は必須ではあるが。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT