遺品整理のプロが見た悪質業者が跋扈する実態

現金や美術品などのお宝も掘り出されるが…

「遺品整理は儲かる、という概念が広まったことで、業者の数が飛躍的に増えました。遺品整理は基本的に無資格で別業態からの参入も可能です。大半は産廃業者やゴミ収集業者、リサイクル業者といった企業が事業の1つとしてやっていて、稼働をしていない業者も山程あります。それだけにノウハウがなく、遺族の気持ちを考えるという理念もないため、トラブルが発生しやすいともいえます。

大量に発生した廃棄物を適切に処理しない業者も増えているという(写真:屋宜明彦さん提供)

ただ、実際に法令順守をして儲かる業界かといえばそうでもない。ウチでいえば、売上げの3分の1強の廃棄物処理料金を支払っています。人件費などを入れた営業利益でいえば6%程度。儲けを出すために、不法投棄を行ったり、料金を釣り上げていく業者も少なくないため、悪評が流れている面もあるんです」(屋宜さん)

遺品整理のゴミは基本的には一般廃棄物に分類される。だが、業者の中には廃棄物としてではなく、一般ゴミとして処理を試みるケースもあるという。実際に千葉県のある遺品整理業者は、「すべてを一般ゴミとして取り扱うことは難しいが、基本的には一般ゴミと紛れさせてもバレるケースはほぼない」と話していた。市町村ごとに廃棄物の料金が異なることもあり、自分たちの専門性を利用し料金の釣り上げを試みる業者も存在する。

遺品整理で起きる3つの大きなトラブル

問題は、遺族の心理につけ込んだ犯罪行為が現在も平然と行われていることだろう。だが、依頼者側が泣き寝入りするしかなく具体的な解決策は見つかっていない。主なトラブルに以下の3つが挙げられる。

① 不法投棄 ②料金の釣り上げ ③金品の無断持ち出しという窃盗行為

とくに問題となっているのが、②と③だ。屋宜氏が解説する。

「いちばんわかりやすいのが、貴金属や現金などの窃盗行為です。遺族が立ち会わない現場では安易にそういった犯罪行為に手を染めるという例も聞こえてきています。悪質な業者になれば、遺族の立ち会いを拒否するケースもある。料金の釣り上げは、『廃棄量が多い』『想定外の仕事が増えた』などの理由をつけて見積書の金額の2倍、3倍の金額を請求されることを意味します。これがトラブルで最も多いケースです」

次ページトラブルを避けるためには?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT