遺品整理のプロが見た悪質業者が跋扈する実態

現金や美術品などのお宝も掘り出されるが…

トラブルを避ける方法としては、インターネットで申し込んで終わりではなく、業者に電話をして対応を見ること。見積書の明細などを発行してもらうなど、とにかく細部の確認を怠らないことが重要だと屋宜氏は指摘する。

遺品整理の未来

遺品整理業界の最大の問題は、まだ比較的新しい業界のため、明確なガイドラインや法整備、監督官庁が決定していないことだろう。少しずつ悪徳業者の淘汰は進んでいるが、サービスの向上には至っていないと屋宜さんは指摘する。

「わかりやすい比較が引越し業者ですね。彼らは決められた納期と料金で競合している。しっかりと制服に身を包み、少人数でプロの仕事を提供する。ところが遺品整理の現場では、私服で短パンのようないでたちの男性が10人くらいで押しかけて作業するというようなこともある。また、納期も1日のはずが、1週間かかったという話もよく聞きます。プロ意識の低さを変えていかないと、業界の発展はないと思いますし、今がその転換期です」

取材の最後に、屋宜さんは嘆きにも似た口調でこう締めくくった。

「高齢化が加速していく日本では、遺品整理の仕事は必ず需要が増え、社会的にも必要な仕事です。一部の悪徳な業者の存在により不信感が消費者に浸透しつつある。業界が正常化するにも、最低5年ほどの歳月が必要です。だからこそ今の段階で手を打たないと、この業界が無くなってしまう危機感も持っているんです」

過度期を迎え、悪徳業者の淘汰は今後進んでいくだろう。その一方、利用者側が正しい知識を持ち対応策を把握することは、安楽な終活へとつながる最善策でもあることを覚えておきたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT