経営危機の「女子校」を一変させた校長の手腕

武蔵野大学中学・高校を変えた「日野田直彦」

たまたま共学化のタイミングと、日野田校長の着任が重なったこともあり、校内の雰囲気は一変した。着任から1年後、23区から通う入学者も大幅に増え、2019年の中学入学者は前年度の62人から138人に倍増。これまで1回当たり50人程度だった学校説明会に、現在では1200人を超える参加者が殺到している。「学校説明会がパンクしそう」とうれしい悲鳴だ。

生徒たちは日野田校長のことを「直(なお)さん」と呼び、何かあれば校長室を訪ねてくる。あるとき、中1の生徒がこんなことを提案してきた。「直さん、教育系のイベントっていっぱいあるけれど、おじさん、おばさんばっかりがしゃべって、聞いているのもおじさん、おばさんばかり。どうして教育を受けているわれわれ生徒が出られないんですか」。

そこまで言うならやってみたら、と用意された舞台は2019年11月、東京都内で行われた「Edvation × Summit2019~経産省「未来の教室」実証事業中間報告~」。

武蔵野大学中学は同事業の実証校として、一人ひとりにカスタマイズされたタブレット型AI教材「atama+(アタマプラス)」を中1の数学に取り入れている。各校の報告が続く中、同校だけは唯一、実際に授業を受けている当事者として中1の生徒2人が登壇した。

生徒が学校説明会をハックしたいと・・・

「事前の仕込みは嫌いなので、生徒には何でもいいから好きにしゃべれ、と。大人は忖度(そんたく)しちゃうけれど、生徒のほうが正確なフィードバックをしますよ。経済産業省やBCG(ボストン コンサルティング グループ:「未来の教室」(学びの場)創出事業を受託している株式会社)のお偉いさんもいる前で、実際、悪いことも含めて堂々と話していました。会場は引いていたかもしれませんが」。

壁一面のホワイトボードは日野田校長着任後に設置された。写真は英語と国語の教員が一緒に授業を担当する「言語活動」の授業で、自分の考えを書き込む中学1年生の様子。「言語活動」は昨年から中学校でスタートした同校オリジナルの授業で、教科の枠を超えて言語の4技能を伸ばすのが目的だ(写真:同校提供)

またあるときは、生徒たちが学校説明会をハックしたいと言い出した。

「じゃあどうぞ、ってやらせてみたら、大失敗。プレゼンテーションはうまくいきましたけれど、体験授業がボロボロで。そのあと生徒が校長室に来て言うんです。

直さん、今まで授業が面白くない先生の悪口を言っていたけれど、授業って10分やるのも大変なんですね、って。

それで今では、つまらないと文句を言うのではなく、授業をサポートする存在になりたいと思います、と言うようになりました。何事も“誰かのせい”にすることなく、自ら学び、自ら行動し、失敗から学び続けること。そして、このようにオーナーシップを持つことこそが、本来学校で学ぶべきことではないでしょうか」。

校則についても生徒で話し合って決めるよう、促している。ただし多数決は禁止。「コンサバの人もリベラルな人もいる。根回しして頑張れ、って全部、生徒に投げています。多数決は数に任せた暴力に近い。よく話し合ってみんなが『7割満足3割不満』まで持っていってくださいね、と」。

次ページ失敗する子がいちばん偉い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT