元保険営業マンが「スシロー社長」になれた裏側

堀江新社長が明かした意外すぎる入社の経緯

――商品開発にも携わったそうですが、思い入れのある商品はありますか。

これは私だけがやったわけではないですが、豊﨑と一緒になってやった「えびアボカド」ですね。当時、スーパーでアボカドをわさび醤油で食べるという店頭試食をやっていて、アボカドがはやり始めた時期でした。最初はアボカドなんて、と思ったのですが、あまりにも「アボカド、アボカド」って周りから聞こえてくるので、これは何か作るべきと思いました。

スシローの人気商品の1つ「えびアボカド」(写真:スシローグローバルホールディングス)

そこでアボカドを合わせる食材として候補に挙がったのが、マグロ、サーモン、火の通ったえびでした。どれも相性は悪くなかったです。でもえびとの相性は抜群でした。えびはあぶらがのっていないですよね。アボカドはあぶらがあるので、このコントラストがいいと感じました。あと、それぞれの食感が異なるのも、組み合わせとしてよかったと思います。

でも、えびにアボカドをのせるだけでは絶対に売れない。ボリューム感が必要と判断して、玉ねぎをどさっとのせて、そこにマヨネーズをかける。それにわさび醤油をかけると、なんともいえないうまさがありました。でも、えびアボカドを開発する1週間前は「あんなもんなあ」って言っていたんですけど(笑)。

GW前にレポート提出を命じられた

――さまざまな経験をして、今回、あきんどスシローのトップになったわけですが、どういう経緯で社長に就任したのでしょうか。

2019年のゴールデンウィーク前に、ホールディングス取締役陣の私、木下嘉人、新居耕平の3人に対して、(スシローGHD社長の)水留から宿題を出されたんですよ。「『社長になったら』という題名でレポートを書け」と言われたんです。

ゴールデンウィーク後に3人とも提出したら、「こんなんで社長任せられるか」って突き返されました。そんなことがあったので、自分たちが社長になるというのは現実味がなかったんです。私は「ずっとこの先も仕入れをやっていくんだ」と思っていました。結局、突き返されたレポートも再提出しなかったので(笑)。

――それでも2019年9月には堀江さんがあきんどスシローの社長になると発表されました。

言われた瞬間に「ああ、やるんだ」って思いました。それでも最初は実感がありませんでした。発表後、会社に社長就任祝いの花がたくさん来たんです。添えられたメッセージカードを見ると、取引先の水産会社の社長さんから「堀江さんでよかった」という言葉がありました。それを見た瞬間に、職責の重さを感じました。

次ページ社長として何をやっていくのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT