元保険営業マンが「スシロー社長」になれた裏側

堀江新社長が明かした意外すぎる入社の経緯

2019年10月にあきんどスシローの社長に就任した堀江陽氏。入社以来、仕入れや商品開発などに携わってきた(撮影:尾形文繁)
回転ずし業界で国内店舗数、売り上げともにトップを快走する「スシロー」。運営元のスシローグローバルホールディングス(以下、スシローGHD)の2019年9月期決算(国際会計基準)は、売上高に相当する売上収益が1990億円(前期比13.8%増)、営業利益145億円(同24.1%増)と、共に過去最高を記録。既存店売上高も2019年12月まで26カ月連続で前年同月超えを達成している。
そんな絶好調なスシローだが、国内事業を担う事業会社あきんどスシローの社長が2019年10月に代わった。それまで社長を務めていた水留浩一氏が代表権のない取締役会長となり、堀江陽氏が取締役執行役員から代表取締役社長へ昇格した(編集部注:水留氏はスシローGHDの社長CEOを継続)。
堀江氏は1970年3月生まれの49歳。実は社会人としてのスタートは外食業界ではない。大学卒業後は生命保険会社に入社し、営業の仕事に明け暮れた。その後、保険会社を退職し、スシローと運命的な出会いを果たすことになる。
堀江氏はいったいどのようにしてスシローとの接点を持ったのか。そして国内500店以上のスシローを束ねる新たなトップとして、どのような舵取りをしていくのか。堀江氏を直撃した。

トラック運転手のアルバイト

――堀江さんはどういうきっかけでスシローと関わりを持ったのですか。

大学を卒業して生命保険会社に就職しました。そこで営業の仕事をしていたのですが、いろいろあって約7年で退職することになりました。その会社を辞めた後、妻と子どもに「おいしいおすし屋さんがあるから行こう」って誘われて、初めて回転ずし店に行ったんです。もう20年ぐらい前のことです。そのときに行った店が現在も営業しているスシロー宝塚高司店(兵庫県宝塚市)でした。初めて食べたときは正直、「あ、こんなものか」という感じでした(笑)。

その店から帰るときに、ある求人の貼り紙が目に入りました。そこには「トラックドライバー募集」「時給1200円」って書かれていたんです。食材などを管理するセンターから、スシローの各店舗に食材などを運ぶ仕事です。それをやってみようと思って、スシローのトラックドライバーになりました。

次ページアルバイトから社員になった背景
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。