英国風パブ「HUB」がアナログにこだわるわけ

ビール1杯400円、あえて人の接客を重視する

――飲み会をスマートにしたいというニーズは今もあると思います。

今でこそキャッシュオンデリバリーが便利だと言われているが、昔は「自分が買ってこい」「伝票持ってこい」というお客さんが多かった。食べ物を充実させろとかね。

今もいるけど、基本的には気軽に飲んでさっと切り上げる場。行ったら誰かいるかな、とふらっと立ち寄る場でもある。そうなってきたのはここ5~10年だ。

――外食で進むデジタル化にどう対応しますか。

居酒屋でのタッチパネル導入のように、生産性を高めていく上での取組はどんどん進んでいる。でも、僕はデジタル化するとパブの良さがなくなると思っているので、様子を見る。

パブはアナログの世界。徹底的に人を磨いてフレンドリーな接客をする。イギリスのパブで一番良いところは人と人のつながり。厨房はどんどん進化していいが、売り場だけは絶対にアナログの世界を崩さない。わざわざカウンターに行って口で注文する、目の前で自分の飲み物を待つ、ということがあってもいいのでは。

うちより安いお店はたくさんある

――日本人にパブ文化を根づかせるため、2020年は何に取り組みますか。

来てもらうしかない。いくら説明しても、パブって「ああ、そう」で終わる。だが一度来てもらえれば、1杯400円のビールだけ飲んで、本当にそのまま帰ることができる。

「パブはアナログの世界。徹底的に人を磨いて、フレンドリーな接客をする」と、パブ文化の魅力を語る太田社長(撮影:梅谷秀司)

「ビール1杯190円」の看板を出す店など、うちより安い店はいくらでもあるが、その値段で本当に帰れるのか。お通しもあるし、途中で帰りにくい雰囲気もある。パブはその意味で言えば、本当にお酒を気軽に楽しめる。お酒が飲めない人も、時間がある人もない人も、外国人も日本人も。まずは来てもらうためにどうするか。SNSなど、武器はたくさんある。

――2024年までに現在114の店舗数を200にすることが目標です。

これは、はっきりいってハードルが高い。今のペースでは誰がどう計算しても追いつかない。200店舗を達成するために急いで10店を出すのは、投資家にとって良くないことだ。

30数年間、この(外食)業界をみてきたが、外食はそれ(大量出店)でしんどい思いをしている。我々は特にイギリス風パブ一本でやっている。ブランドの陳腐化は事業の終わりで、絶対に陳腐化させられない。しんどいときはいったん止めて、病気になっているところを治してから進む。この繰り返しをしているからこそ(不採算による)退店が(2001年以降)1店もない。

――外食産業が苦境にあえぐ中、ハブは20期連続の増収、4期連続の増益を達成中です。

新店で売り上げが増えるのはどちらでもいいが、既存店は確実に成長させたい。この(ビール1杯400円などの)値段設定で一等地に金をかけて開店しているので赤字が続くが、その間に既存店が稼いでくれていれば、新店もそのうち稼ぐ側に入る。

新店はみな「親不孝者」だと言っているが、そのうち改心して「孝行息子」になってくれる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT