ラグビーW杯「ビール決戦」、勝者は誰なのか

9月のビール消費量は軒並み前年超えを達成

ラグビーW杯のスポンサー「ハイネケン」は、今大会でも独占販売された(記者撮影)

日本代表の奮闘により、大いに盛り上がりを見せたラグビーワールドカップ。決勝戦は11月2日、南アフリカ対イングランドという組み合わせで行われる。

9月20日から熱戦が繰り広げられたラグビーW杯を格好の商戦とみなし、販売に力を入れていたのが飲料メーカーや飲食店だ。

「水のようにビールを飲む」ラグビーファン

「ラグビーファンはお金持ちが多く、支払い金額を気にせずに水のようにビールを飲む」

飲料メーカーの関係者はそう口をそろえる。特に、ラグビー強豪国は総じてビールの消費量が多い。今大会参加国の中で2017年の1人当たり年間ビール消費量は、1位がアイルランドの94.9リットル。これは日本の2.4倍もの数字になる。オーストラリアは4位、5位がイギリス、6位がニュージーランド、決勝に進んだ南アフリカは7位と、上位には今大会に出場したラグビー強豪国が並ぶ(キリンホールディングス調べ)。

【2019年11月2日13時15分追記】初出時、上記の年間ビール消費量ランキングに「今大会参加国の中で」の記述が抜けていたため、補足しました。

「ビール酒豪」たちが日本に集まるという、またとない商戦において、圧倒的な恩恵を受けたのはキリンだ。キリンが1984年から国内で製造販売を手がける「ハイネケン」は、1995年から過去5大会にわたりラグビーワールドカップのスポンサーを担ってきた。今大会でも会場内、会場近くに設置された「ファンゾーン」(大型ビジョンで試合のライブ中継などを楽しめる場所)では、ハイネケンが独占販売された。

ハイネケンを取り扱う飲食店も、今年1~9月に4000店舗も増加。コンビニなど小売店での販売数量も前年同期比で7割増加したという。その結果、ハイネケンの9月の販売数量は前年同月の3.4倍を記録。9~11月の大会期間全体でも、キリンはハイネケンの販売数量が前年同期比2.2倍になると見込んでいる。

次ページハイネケン、ギネスともに認知度向上
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。