「人に好かれようとする人」が成功しない理由

「99人の反対より1人の賛同」サードドア講演

緊急来日したバナヤン氏が参加した「サードドア」読書会。「たとえ99人にノーと言われても、本当に必要なのは、たった1人のイエスと言ってくれる人だ」と語り、会場は熱気に包まれました(撮影:笠間勝久)
12万部突破のベストセラーとなり、世界18カ国で刊行中の『サードドア:精神的資産のふやし方』。著者のアレックス・バナヤン氏は、フォーブス誌「30歳未満の最も優れた30人」、ビジネス・インサイダー誌「30歳未満の最もパワフルな人物」などに選出され、アップル、グーグル、ナイキ、IBM、ディズニーなど著名企業で講演を行っている。
2019年11月、バナヤン氏が緊急来日し、東京と沖縄で催されたイベントに参加した。バナヤン氏は何を語ったのか。その模様をお届けする。

成功者たちはどうやって成功にたどり着いたのか

2019年11月28日、日本最大級の読書会「みんなの読書会」が主催するイベントが東洋経済新報社(東京都中央区)で行われ、アレックス・バナヤン氏がオープニングトークを行った。

話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

今から9年前、18歳の大学生だったバナヤン氏は、ペルシャ系ユダヤ人である移民の子としてアメリカで育ち、さまざま困難の中で生きてきた両親から、ある「プレッシャー」を受けていたという。

「私は、両親から『医者になりなさい』と言われつづけてきました。大学では医学部進学課程に進み、両親を喜ばせるためにも勉強していましたが、その中で、まるで自分の魂が抜き取られていくかのような感覚に陥ったのです。

同じ思いをしているのは、自分だけではないということにも気がつきました。会社にお勤めの方も学生の方も、かつての私のように『本当は好きではないことをしている』という感覚を胸に秘めておられる方は多いかもしれません。

しかし、かと言って私には、自分が何をしたいのかがわかりませんでした。尊敬する成功者たちはいます。でも、彼らがどうやって成功にたどり着いたのかもわからない。そこで疑問を持ったのです」

次ページ成功者の自伝を片っ端から読み込んだが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT