「人に好かれようとする人」が成功しない理由

「99人の反対より1人の賛同」サードドア講演

緊急来日したバナヤン氏が参加した「サードドア」読書会。「たとえ99人にノーと言われても、本当に必要なのは、たった1人のイエスと言ってくれる人だ」と語り、会場は熱気に包まれました(撮影:笠間勝久)
12万部突破のベストセラーとなり、世界18カ国で刊行中の『サードドア:精神的資産のふやし方』。著者のアレックス・バナヤン氏は、フォーブス誌「30歳未満の最も優れた30人」、ビジネス・インサイダー誌「30歳未満の最もパワフルな人物」などに選出され、アップル、グーグル、ナイキ、IBM、ディズニーなど著名企業で講演を行っている。
2019年11月、バナヤン氏が緊急来日し、東京と沖縄で催されたイベントに参加した。バナヤン氏は何を語ったのか。その模様をお届けする。

成功者たちはどうやって成功にたどり着いたのか

2019年11月28日、日本最大級の読書会「みんなの読書会」が主催するイベントが東洋経済新報社(東京都中央区)で行われ、アレックス・バナヤン氏がオープニングトークを行った。

話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

今から9年前、18歳の大学生だったバナヤン氏は、ペルシャ系ユダヤ人である移民の子としてアメリカで育ち、さまざま困難の中で生きてきた両親から、ある「プレッシャー」を受けていたという。

「私は、両親から『医者になりなさい』と言われつづけてきました。大学では医学部進学課程に進み、両親を喜ばせるためにも勉強していましたが、その中で、まるで自分の魂が抜き取られていくかのような感覚に陥ったのです。

同じ思いをしているのは、自分だけではないということにも気がつきました。会社にお勤めの方も学生の方も、かつての私のように『本当は好きではないことをしている』という感覚を胸に秘めておられる方は多いかもしれません。

しかし、かと言って私には、自分が何をしたいのかがわかりませんでした。尊敬する成功者たちはいます。でも、彼らがどうやって成功にたどり着いたのかもわからない。そこで疑問を持ったのです」

次ページ成功者の自伝を片っ端から読み込んだが…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。