僕が"3.11後の物語"を作ったワケ 『家路』久保田直監督が切り取る"フクシマ"の今

✎ 1〜 ✎ 49 ✎ 50 ✎ 51 ✎ 最新
印刷
A
A

なぜ劇映画を手がけたか

――是枝さんや諏訪さんはドキュメンタリーから劇映画に移行してきた人たちですが、今回、久保田監督が劇映画を手掛けるにあたり、「よし、じゃあ俺も」といった思いがあったのでしょうか?

久保田 直(くぼた・なお) 1960年神奈川県生まれ。大学卒業後、1982年からドキュメンタリーを中心としてNHK、民放各社の番組制作に携わる。2007年MIPDOCでTRAIBLAZER賞を受賞し、世界の8人のドキュメンタリストに選出される。2011年に文化庁芸術祭参加作品「終戦特番 青い目の少年兵」(NHKBSプレミアム)を演出。本作が劇映画デビュー作となる。これまで手掛けた主な作品として「NHKスペシャル 家族の肖像」(ギャラクシー大賞受賞)、「ガイアの夜明け 特許戦争最前線」(ギャラクシー賞奨励賞受賞)など。

もちろんそういった刺激がゼロだったわけではありません。ただ、僕はテレビのドキュメンタリーをベースにずっとやってきたので、そのベースを崩すつもりはないのです。ドキュメンタリーだからできる面白いことはたくさんありますから。しかし、その反面、ドキュメンタリーではできないことがある、ということも実感しています。そういったことに関しては、ドキュメンタリーという形にこだわらずに、フィクションとして、演劇や映画、テレビドラマという形を考えてもいい。ある時期から、表現手段をどの形でするかについては、間口を広げて考えたほうがいいのかな、と思っていたので、そのひとつの結果が劇映画という形になったわけなのです。

――この映画は福島でロケが行われ、おそらく多くの福島の方がかかわったと思うのですが、彼らからこういうことを伝えてほしいといった思いを感じましたか?

直接、こういうことを伝えてほしいといったことはなかったのですが、彼らからいろいろと話を聞いていく中で、こういう思いをきちんと盛り込めていけたらいいなと思ったことはありました。たとえば当時、山では、表面の土を5センチ剝がしていく除染作業をやっていました。ただ、山の場合、腐葉土がたまって、1センチのいい土になるまでに100年かかるそうなんです。つまり5センチの土を戻すためには500年かかる。そこで彼らは「500年が剝がされていくんだよ」という言い方をしていました。

この剝がした土をどうするのだろう、といったことは気になっていました。至る所に膨大な量の剝がした土が置きっぱなしになっていましたから。でも、彼らのその一言を聞いて、そんなことじゃないのだという気持ちになりました。ほかにもそういうことはたくさんあるのですが、彼らのこうした気持ちをきちんと伝えられればいいなと思いました。

――この映画で映されている福島の景色は、本当にきれいなものです。画面だけ見れば、本当に普通の風景であるがゆえに、逆説的に伝わるものがあるのではと思いました。

そのとおりです。やはり現地に行かれると、皆さんが感じられることですが、本当に景色が美しいのです。「なのになぜ?」といった気持ちに絶対になる。逆に言うと、そこがいちばん怖いところだという。そこは見ている人にもストレートに伝えたいと思っていたので、美しい自然は美しく、そこに生きている人間の姿は、そこで生きている人間の姿としてきちんととらえたいという思いで撮りました。

次ページ手植えで水田をつくるということ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT