巨人で「3軍」常連の男が野球に見つけた生き方

24歳で戦力外通告、女子野球新チーム監督に

そんな高橋のところへ、知人を介して、女子硬式野球チーム「バンディッツ」の話がきた。

「素直にうれしかったです。プレイヤーとしてではないけど、なんらかの形で野球にたずさわれたらいいな、とは思っていましたので」

高橋は営業職を辞めて、家族と一緒に富山へ移り住んだ。夫人は社を辞めることに対して、とくに何か言うわけではなかった。ただ、ふたたび野球に関わるようになった高橋に、こう言ったという。

「最近、顔色がよくなったんじゃない?」

いまは中学生のチームと、社会人の男子チームを指導している。硬球を手に取ったのは、じつに1年ぶりのことだった。

「べつにボールに触りたくなかった、避けていたというわけではないのですが(笑)。いまは楽しいですよ。野球ができることも楽しいし、中学生の指導も楽しい。中学生は思ったことをそのまま口にするんですよね(笑)。そんな素直な子たちと、野球だけではなくて、個人的な話なんかしながら、指導しています」

指導者として高橋が気をつけているのは、選手のケガだ。

「僕自身、ケガの多かった選手でしたから。プロ野球にはケガを抱えながら、プレーしている人が多いんですよ。僕も、あそこが痛いとか言ったらクビになると思って、痛くても黙ってプレーしていました。でも若い選手や、特に中学生はこの先がある。だから指導者が選手の身体の状態を見抜いてあげて、こっちでストップをかけてあげないと。どうしても無理をしてしまうことが多いので」

監督として新たなスタートを切った

女子硬式野球の活動も、すでに始めている。選手のスカウトも高橋の役目だ。

「スカウティングからやってほしいというオファーでしたので。それも、いい経験だと思っています。高校時代、私はピッチャーから野手へ転向しましたが、野手として1年そこそこしか経験のない選手の、なにを見てスカウトしてくれたのか。そんなことを考えながらやっています」

決して順風だったとはいえない巨人時代だが、そこでの経験は、指導者として活きているのだろうか。

「3軍の監督だった川相昌弘さんや、コーチだった後藤孝志さんたちに教えてもらったことは、伝えていきたいですね」

背番号はまだ決まっていないという。巨人に入団したときの「67」はどうですか? そう訊かれると、高橋は即答した。

「いや、その番号にはしないですね」

巨人の選手という栄光にとらわれることなく、高橋は、新たなグラウンドで動きはじめた。

(文中敬称略、文:今田正樹)

『プロ野球戦力外通告』12/30(月) クビを宣告された男たち…生き残りを懸けた戦い【TBS
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT