巨人で「3軍」常連の男が野球に見つけた生き方

24歳で戦力外通告、女子野球新チーム監督に

しかし、そんなときに大きなアクシデントが高橋を襲った。

試合で盗塁に成功したとき、左ひざの前十字じん帯を痛めてしまったのだ。

「すごい音がして、メリメリって。本当に終わったと思った。あの時」

足で生き残ると決めた男が、再起すら危ぶまれるような大ケガを足に負ってしまった。

精神的にも不安定になった高橋を支えたのは、志桜里さんの前向きな言葉だった。

足を武器に活躍するが大ケガを負ってしまった高橋。TBSテレビ『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男たち』は12月30日夜10時から放送(写真:TBSテレビ)

「どんな時でも、あなたを応援していますよ」

そんなLINEの言葉に励まされた高橋はリハビリに取り組み、シーズン中の復帰を果たす。そのオフ、高橋は志桜里さんにプロポ―ズした。

結婚1年目となる2016年のシーズン、高橋はキャリア最高の成績を残した。3軍で40盗塁を決め、その成功率はなんと9割以上。

代走のスペシャリストとして1軍の座を獲得した先輩に弟子入りして、選手としての意識、みがくべき感覚を教わった。そうした内面に加え、オフ、自主トレで一緒に体幹トレーニングなどを積んだ成果が出たのだ。2017年のシーズンも3軍で30盗塁を決めた。

しかし、きっちり結果を残したにもかかわらず、1軍はおろか、2軍でプレーする機会もなかった。この年のオフ、チームから戦力外通告を受ける。

1度目のトライアウトは不完全燃焼

高橋はトライアウトを受けることを決めた。

「どこもケガしていないし、まだ出来るし、まだ24歳だし」

上のチームに昇格する同僚を横目に3軍で生き残りをかけているとき、夫人の妊娠がわかった。

「この子が妻のお腹にいるから、僕もがんばりました。子どものために頑張れ、って言ってノックしてくれたコーチもいました。この子が成長するとともに、僕も成長しないといけない」

戦力外通告をうけたとき、長男・浬(かいり)くんは生後8カ月だった。

「お父さんは野球選手だって言えるくらいまでは、プロとしてやっていたい」

妻も、そんな夫を後押ししてくれた。

「これからも変わらず支えていくつもりだから。一緒に戦うつもりでいるよ」

広島で行われたトライアウト。スタンドには夫人と長男がいたが、その前で結果を残すことはできなかった。1本はヒットを打ったが、他の3打席は凡退。代走を志願して、盗塁をひとつ決めたが、トライアウトのあと、NPBからの連絡はなかった。

「もっと、やれると思っていました。不完全燃焼でしたね」

次ページ働きながら野球を続ける決断
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT