巨人で「3軍」常連の男が野球に見つけた生き方

24歳で戦力外通告、女子野球新チーム監督に

プロ野球チームから声のかからなかった高橋は、埼玉県の社会人チームに入社。働きながら、野球を続けていくことになった。

じつは誘いがあった時点で、「もう一度、トライアウトを受けたい」という希望を伝えていた。それを応援してくれるというのが決め手だった。

入社したのは建設会社だ。平日は朝4時に起きる。5時すぎには同僚とともに、埼玉から東京の現場へ移動するのだ。ヘルメットをかぶり、ニッカボッカをはいて、とび職として働いた。重い荷物を持って、高く組まれた足場を歩く。野球の練習は、こうした現場仕事を終えた後だ。どうしても練習時間が足りない。休みの日に練習に励んだ。

結局、8月にその会社を辞めた。トライアウトまであと3カ月。練習に集中したかった。

会社を辞めてから、練習量はぐっと増えた。午前中に2時間、近くの河川敷でランニング。階段ダッシュ。キャッチボールは高校時代の後輩など、多くの人に頼み込み、日替わりで相手をつとめてもらった。

河川敷でのランニングにも取り組んだ高橋。TBSテレビ『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男たち』は12月30日夜10時から放送(写真:TBSテレビ)

その後はウエイトトレーニングで体をいじめ、夜は日付が変わるまで、バッティングセンターで打ち込んだ。

トライアウトに2度挑戦した選手の中で、合格者は一人もいない。

「100%、落ちるわけじゃないですよね。可能性があるのなら、やりたい」

2018年のトライアウトは福岡で行われた。

このときも代走を志願して、盗塁をひとつ決めた。しかし現役時代からの課題だったバッティングでアピールできない。4打席ノーヒットで終わってしまったのだ。

トライアウトが終った瞬間、高橋の心の中に、「もう、いいかな」という思いが湧いてきた。

「なんで、そんな気持ちになったのでしょうね。今でも分からないんですよ。すみません。自分でも説明できなくて。“通用しなかったな”という後ろ向きの気持ちではないけど。もう、プレイヤーとしてはいいかな、と。気持ちが切れたんです」

2度目の再出発をきった高橋

2019年から、高橋は人生で2度目の再出発をきった。

野球道具は、すべて新潟の実家へ送ってしまった。

「もう、使わないだろうと思ったんです」

医療機器を扱う会社の営業マンとして、客先に足を運ぶ毎日。ボールを触る時間もなかった。

「仕事は充実していて、楽しかったですよ。もともと人と話すことが好きですし。コンディションのケアのお手伝いとか、これまでとは違う形で選手をサポートできるのがうれしかったですね」

仕事として、ジャイアンツ球場へ足を運んだこともある。高橋さんはスーツ姿だ。

「巨人を離れて、2年が経っていましたが、首脳陣や、コーチの皆さんが、選手だったころと同じように接してくれて、ほんとうれしかったです」

次ページ野球ができることも楽しいし指導も楽しい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT