巨人で「3軍」常連の男が野球に見つけた生き方

24歳で戦力外通告、女子野球新チーム監督に

2011年の秋、高橋は巨人にドラフト5位で指名される。

それまでの野球人生は、順調すぎるほどに順調だった。小学校1年生で野球を始めたときから、夢はプロ野球選手。好きなチームは巨人。

中学時代にシニアリーグで全国大会に出場。2009年に新潟県の強豪・日本文理高に入学すると、1年の春から控え投手としてベンチに入り、夏の甲子園で準優勝を経験する。その後、高い運動能力をかわれて野手に転向。3年生のときは4番を任され、春、夏と連続で甲子園に出場した。

身長185センチの恵まれた体格にして、スピードは抜群。長打力も、守備力も備えていた高橋は将来の1番バッター候補として期待されていた。

しかし、プロは想像以上に厳しかった。高橋は「プロの壁」を、こう振り返る。

「スピード感についていけませんでしたね。その思いは今でも心に残っています。ピッチャーの球のスピードだけじゃない。練習のときのボール回し、シートノックのテンポや打球のスピード。基本的なところから、そのスピードについていけなかった」

1年目、高橋は右手の人差し指を骨折してしまう。

「これもスピードについていけなかったからですよ。守備練習のとき、グローブをはめていない右手にノックの球が当たったんです。うまく避けることができなかった」

プロ1年目は2軍で3試合の出場にとどまった。2年目は42試合に出場するも、打率は1割7分。そして2年目のオフ、支配下選手を外れ、育成選手に降格されてしまう。

何かしないと残れない世界

2013年のオフに育成選手となった高橋は、生き残るためにチャレンジを繰り返す。俊足をいかすために左打者に転向したこともあった。

「左をやったりしたので、努力していたと思う人もいるかもしれませんね。でもプロの世界で生き残るためには、(内野手ながら捕手にも挑戦した)寺内崇幸さんや、(ピッチャー以外のポジションを守れて、スイッチヒッターだった)木村拓也さんのような、本当のオールラウンダーにならないとダメ。育成の3年目、コーチだった後藤孝志さんと、このことはじっくり話をしたことがあります」

「遠くに打球を飛ばせないし、エラーはするし」と、当時の自分を思い返す高橋。しかし唯一、走力は周囲に引けをとらなかった。足でプロの世界を生きる。そう決心した。

「何かしないと残れない世界ですから」

のちに妻となる志桜里(しおり)さんと出会ったのは、育成選手として、生き残りをかけていた時期だった。知人の食事会で知り合い、すぐに交際が始まる。野球が大好きで、何度も2軍の試合まで応援に来てくれた彼女のために、結果を出さなければいけない。

次ページ高橋を襲った大きなアクシデント
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT