仕事の満足度を決める7つの絶対外せない要素

5万人調査から判明!満足度が高い仕事TOP5

他方で、満足度が低い職業にランクインしたのは、倉庫ピッキング、レジ打ち、工場での単純作業などでした。これらの仕事が決して悪いわけではないものの、やはり「自分の働きが他人にどう貢献しているのか?」が見えにくいところが共通しています。倉庫や工場での作業は自分の行為で他人が喜ぶ姿を想像しづらく、そのぶんだけ私たちの幸福度は下がってしまうのです。

このポイントを、専門的には「タスク重要性」と呼びます。「その仕事がどれぐらい他人の生活に影響を与えられるか?」を示した概念です。

「ヘルパーズハイ」を目指せる仕事を選べ!

「人のためになることをせよ」とはいかにもキレイごとのようですが、多くのデータが貢献のメリットを支持しているのは事実です。

あるリサーチでは、ボランティア活動を行う人ほどうつ病の発症率が低い事実が確認され、また別の実験では「他人への小さな親切」を1日5回ずつ6週間ほど続けた被験者にも大きな幸福感の向上が認められました。

その意味で「貢献」の考え方とは、「科学的に正しいキレイごと」だといえます。さほどまでに社会への貢献が大事なのは、他者への親切によって人間が持つ3つの欲求が満たされるからです。

自尊心:他人の役に立ったことにより、「自分は有能な人間なのだ」との感覚が生まれる
親密感:親切のおかげで他人と近くなった気分になり、孤独感から逃れやすくなる
自律性:「他人のためになった」という感覚が、「誰から指示されたわけではなく、自分で自分の幸せを選択できた」との気持ちにつながる

これらの欲求は人間が幸せを感じるためには欠かせず、うまく満たせない限り仕事へのやりがいは生まれません。脳科学の研究でもこの事実は認められており、社会に役立つ行為をした直後には、頭のなかにドーパミンがあふれ出すことがわかっています。

『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

これは「やる気ホルモン」として知られる神経伝達物質の一種で、多くの違法ドラッグで快楽が得られるのも一時的に脳内にドーパミンが増えるからです。そのため一部の学者などは、親切による幸福度アップの効果を「ヘルパーズ・ハイ」と呼んでいます。わざわざドラッグの力など借りずとも、私たちは社会への貢献で十分ハイになれる、というわけです。

もちろん、違法な職業を除けば、他人のためにならない仕事など世の中に存在しません。倉庫ピッキングも世界に必要な物質をまわす行為の一部ですし、レジ打ちがいなければ経済は成り立たないでしょう。

が、ここで大事なのは、あくまで「自分の行為が他人の役に立った」事実を可視化しやすいかどうかであり、その点ではエンドユーザーとの触れ合いが多い仕事や、クライアントと直にやり取りできる職業のほうが有利なのは間違いありません。適職を探す際は、ぜひ「貢献」の視点を取り入れてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT