仕事の満足度を決める7つの絶対外せない要素

5万人調査から判明!満足度が高い仕事TOP5

仕事の幸福度を決める7つの要素とはいったいなんでしょうか?(写真:tomos/PIXTA)
キャリアの多様化が進み、転職・複業(副業)・独立……と選択肢が増える現代。いまの会社への不満、将来への不安などから転職を考えているものの、「どうすれば後悔の少ない道を選べるのか?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
10万本の科学論文を読破してきたサイエンスライター・鈴木祐氏は、「職選びの際には、『仕事の幸福度を決める7つの要素』を意識すべき」と言う。鈴木氏の著書『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』の内容を一部抜粋し、再構成のうえお届けします。

職探しにおける「視野狭窄」を抜け出す方法

ハーバードビジネススクールが、世界40カ国(日本を含む)のヘッドハンターや人事部門の責任者1000人超に行った調査によると、「就職と転職の失敗は、およそ7割が『視野狭窄』によって引き起こされる」ことがわかっています。「視野狭窄」とは、特定の選択肢にのみ意識が向かい、それ以外の未来の可能性に頭が行かなくなってしまった状態です。

しかし、単に「視野狭窄を抜け出して、いろんな仕事の可能性を考えてみよう!」と言われても、すぐに実践できる人はいないでしょう。特定の会社や仕事に心がひかれた時点で私たちの脳は1点に凝り固まるからです。

例えば、「財布がない!」と思ってさんざん家のなかを探し回った後で、ふと目の前のテーブルに置いてあったのを見つけるような体験は珍しくありません。この現象は、「財布はいつもの棚に置いたはずだ」や「スーツの内ポケットに入れたはずだ」などの先入観により、「目の前のテーブル」という可能性が頭から完全に排除されたせいで発生します。

適職探しもこれと同じで、たいていの人は「この仕事はよさそうだ」と思った直後から思考が狭まり、それ以外の選択肢に目を向けられなくなってしまうのです。このままでは、いつまでたっても最適な仕事は見つかりません。

次ページ仕事の幸福度を決めるポイント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?