40年行方不明だったノーベル賞作家遺稿の中身

パール・バックが最後に書きたかったのは

実はあまり表には出てきていません。ニューヨーク・タイムズ紙の書評には載っていないですね。でも、アメリカ版アマゾンにはレビューが600件以上あって、それはそれで大きな反響だったと思います。パール・バックが最後に言いたかったのはこういうことなのね、と静かに本を閉じる感じで読まれたんじゃないでしょうか。作家と作家自身を投影した作品、その両方へのリスペクトという位置づけだと思います。

ランはパール・バックその人

──確かに、大作家の遺作と身構えて読み出したら、最初の場面でいきなり意表を突かれました。

そう、導入がちょっと意外ですよね。天才児ランドルフ・コルファックス(ラン)の物語は、胎内でのモノローグから始まります。子宮の“暖かな海”で手足を動かし寝返りを打つ快感、達成感。ところがだんだん窮屈になってきて、暴れるうちに産道へ押し出され、母体の外へつかみ出されて初めて空気を吸い込むところまで、すべて赤子ランの感覚で語られます。

戸田 章子(とだあきこ)/1963年生まれ。上智大学外国語学部英語学科出身。同時通訳者として外資系製薬会社に勤務した後、4代前の祖先が創設した公益財団法人原田積善会へ。現常務理事。(撮影:吉濱篤志)
Pearl S. Buck/1892〜1973年、アメリカの女性小説家。長老派宣教師の両親とともに前半生の40年を中国で送る。代表作『大地』でピュリツァー賞、その後ノーベル文学賞を受賞。

12歳で大学に合格、でもそこでの生活が彼にはすべて物足りない。あるショッキングな出来事をきっかけに故郷を離れ、祖父の住むニューヨークへ。

そして16歳で自分探しの旅に出ます。敬愛する父や恩師、祖父から受けた薫陶、航海の途上で知り合ったイギリス貴族未亡人による性の目覚め、パリの裕福な中国系骨董商父娘との数奇な縁、すべてが彼をあくなき探求へと駆り立てます。そして韓国での兵役で目にした軍部の腐敗を基に小説を書き、一躍注目の新人作家として脚光を浴びる。ラストは予想外の運命が彼を待ち受けます。

──ランが出合う世界の一つひとつが魅惑的で、ともに旅する気分で読み進めたのですが、終盤、一山当てたい出版社・資産家から持ち上げられ、素直に乗っかっていく姿に、正直違和感がありました。

わかります。ランはパール・バックその人なんです。彼女が『大地』を書いたのが南京で、原稿を見た母国アメリカの出版社から呼び出されると、引っ詰め髪にもっさりした服でやってくる。メディアに引っ張り回され、出版社に指示されたとおりにインタビューに答えて、本は売れるんですね。あまりに場違いで言われるがままお人形さんになっていた自分を、ランに重ねているんです。

ただ、彼女は生涯に80冊以上書いていて、ほかのドロドロした作品などにはもっと赤裸々な、自分そのままみたいな主人公が出てくる。それらに比べれば自伝色は薄いんです。

次ページ米中混血女性が出てくる理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT