企業の社会貢献支出「トップ50」

トヨタ137億、マック13億、日立12億円etc.

企業の社会貢献の形はさまざまだ(設立から半世紀を経た日生劇場、撮影:尾形文繁)

企業は地域のイベントや文化事業の開催・後援、災害時の義援金拠出などさまざまな社会貢献活動を行っている。今回は『CSR企業総覧』に掲載する各社の「社会貢献活動支出額」や、経常利益との関係で見た「同支出比率ランキング」を中心に、各企業の取り組みをご紹介する。

まず、2012年度の「社会貢献支出額」のランキングから見ていこう。トップはトヨタ自動車の137億円。2010年度139億円、2011年度144億円と高いレベルの支出を続けている。ちなみに、この137億円という数字は、『会社四季報』2014年1集新春号掲載3530社の売上高で見ると、中堅の上場企業の売り上げのレベルに相当する。

同社は「環境」、「交通安全」、「人材育成」、「社会・文化」の各分野で社会貢献活動に取り組んでいる。「交通安全イベント」の開催や「交通安全体験講習施設」運営など自動車メーカーならではの活動が多い。

次ページ定評のある「トヨタの森」
の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT