企業の社会貢献支出「トップ50」

トヨタ137億、マック13億、日立12億円etc.

企業の社会貢献の形はさまざまだ(設立から半世紀を経た日生劇場、撮影:尾形文繁)

企業は地域のイベントや文化事業の開催・後援、災害時の義援金拠出などさまざまな社会貢献活動を行っている。今回は『CSR企業総覧』に掲載する各社の「社会貢献活動支出額」や、経常利益との関係で見た「同支出比率ランキング」を中心に、各企業の取り組みをご紹介する。

まず、2012年度の「社会貢献支出額」のランキングから見ていこう。トップはトヨタ自動車の137億円。2010年度139億円、2011年度144億円と高いレベルの支出を続けている。ちなみに、この137億円という数字は、『会社四季報』2014年1集新春号掲載3530社の売上高で見ると、中堅の上場企業の売り上げのレベルに相当する。

同社は「環境」、「交通安全」、「人材育成」、「社会・文化」の各分野で社会貢献活動に取り組んでいる。「交通安全イベント」の開催や「交通安全体験講習施設」運営など自動車メーカーならではの活動が多い。

次ページ定評のある「トヨタの森」
の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。