エンジェル投資家としての「本田圭佑」真の実力

「ポケットマネー」で起業を支援する背景

エンジェル投資家が日本でも増えています(写真:Ildo Frazao/iStock)

ワールドカップ(W杯)ロシア大会直前の2018年5月。サッカー日本代表のエース、本田圭佑が一時帰国して向かった先は東京の下町・入谷にある築30年超の小さなアパートだった。うす汚れた壁に囲まれた建物内は、むっとする湿気が立ち込める。本田はサングラスを外して椅子に座ると目の前の青年に話しかけた。

「コウ、ビジネスの調子は大丈夫なの?」

コウこと、洪英高(26)は本田が出資するスタートアップ企業の創業者だ。大阪府出身の洪は同志社大学に進学しアメリカに留学した際、シリコンバレーを訪れていた本田の元に押しかけ、事業計画を直談判して創業資金の支援を勝ち取った。だが、日本に帰国後に始めた留学生向けの相談サービスは思うように軌道に乗らない。本田は洪が落ち込む様子を見て、急きょ激励のためにオフィス兼住居を訪れた。

すでに50社以上に投資した本田

「日本代表がブラジルと戦うならば、チームの『走量』がカギを握る。運動量で負けたら絶対に勝てない。このビジネスのKPI(重要業績評価指標)は何だと思う?」

サッカーでの経験を交えながら、起業家と同じ目線で解決策を探る。本田は2016年にスタートアップ企業への支援を始め、すでに50社以上に投資した。国内では代表的な「エンジェル投資家」の一人だ。

エンジェル投資家とは、創業間もない企業に個人で資金を提供する投資家を指す。アメリカでは以前から多くの投資家が積極的に活動していたが、最近になって日本でも急速に台頭し始めた。成り手の多くは20代から30代の「ミレニアル世代」に属する起業家出身の若者で、芸能人やスポーツ選手の姿も少なくない。

次ページ本田と起業家の秘密会合「KSKサミット」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT