カゲロウの一生はあまりに短くそしてはかない

3億年にわたる命をつないできたつわもの

メスたちには、残された仕事がある。川の水面(みなも)に着水して、水の中に卵を産まなければならないのである。早くしなければ、命が尽きてしまうのである。夜は刻一刻と更(ふ)けていく。まさに時間との戦いなのだ。

しかし、無事に着水したとしても、メスに一息つく時間はない。

魚たちにとって、水の上のカゲロウは、格好の餌でしかない。次々に着水するカゲロウたちを、今度は魚たちが狂喜乱舞して食い始める。

そして、あるものは食われ、あるものは生き残る。

運よく生き残ったメスたちは、水の中に新しい命を産み落とす。そして、卵は静かに水の底へと沈んでいくのだ。

産み落とした命を見届けたかのように、メスのカゲロウたちの命の炎も消えてゆく。

子孫を残す、ただそれだけの生涯

子孫を残す。カゲロウたちにとっては、ただ、それだけの生涯である。

何というはかない生き物だろう。何というはかない命だろう。

息絶えたメスの亡骸(なきがら)もまた、魚たちにとっては、恰好の餌である。魚たちのパーティーは、まだまだ終わりそうにない。

残酷に時が過ぎれば、パーティーは終わりである。カゲロウの成虫は数時間しか生きることはない。夜が更ければ、交尾を終えた満足気なオスたちも、水面までたどりつくことのできなかったメスたちも、交尾に失敗した多くの成虫たちも、次々に死んでゆくのである。

短い命である。

『生き物の死にざま』(草思社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

夜が更ければ、辺り一面、カゲロウたちの大量のむくろが、紙吹雪のように風に舞う。

まるで地吹雪か何かにさえ見えるその様子は、もはや気象現象と言っていいほどだ。

こうして、カゲロウたちの一夜が終わる。

確かに短い命である。はかない命である。

しかし、このはかない命こそが、カゲロウたちが3億年の歴史の中で進化させたものである。カゲロウたちは、間違いなくその生涯を鮮やかに生き切り、天寿を全うしているのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT