カゲロウの一生はあまりに短くそしてはかない

3億年にわたる命をつないできたつわもの

メスたちには、残された仕事がある。川の水面(みなも)に着水して、水の中に卵を産まなければならないのである。早くしなければ、命が尽きてしまうのである。夜は刻一刻と更(ふ)けていく。まさに時間との戦いなのだ。

しかし、無事に着水したとしても、メスに一息つく時間はない。

魚たちにとって、水の上のカゲロウは、格好の餌でしかない。次々に着水するカゲロウたちを、今度は魚たちが狂喜乱舞して食い始める。

そして、あるものは食われ、あるものは生き残る。

運よく生き残ったメスたちは、水の中に新しい命を産み落とす。そして、卵は静かに水の底へと沈んでいくのだ。

産み落とした命を見届けたかのように、メスのカゲロウたちの命の炎も消えてゆく。

子孫を残す、ただそれだけの生涯

子孫を残す。カゲロウたちにとっては、ただ、それだけの生涯である。

何というはかない生き物だろう。何というはかない命だろう。

息絶えたメスの亡骸(なきがら)もまた、魚たちにとっては、恰好の餌である。魚たちのパーティーは、まだまだ終わりそうにない。

残酷に時が過ぎれば、パーティーは終わりである。カゲロウの成虫は数時間しか生きることはない。夜が更ければ、交尾を終えた満足気なオスたちも、水面までたどりつくことのできなかったメスたちも、交尾に失敗した多くの成虫たちも、次々に死んでゆくのである。

短い命である。

『生き物の死にざま』(草思社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

夜が更ければ、辺り一面、カゲロウたちの大量のむくろが、紙吹雪のように風に舞う。

まるで地吹雪か何かにさえ見えるその様子は、もはや気象現象と言っていいほどだ。

こうして、カゲロウたちの一夜が終わる。

確かに短い命である。はかない命である。

しかし、このはかない命こそが、カゲロウたちが3億年の歴史の中で進化させたものである。カゲロウたちは、間違いなくその生涯を鮮やかに生き切り、天寿を全うしているのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT