「ケンタッキー食べ放題」が圧倒的人気呼ぶ理由

ケンタの利用は「クリスマスだけ」という実態

KFCレストランがあるフードコート入り口前には、朝の9時台から列が並ぶ。整理券は10時から配布され、午前中のうちに1日の分がはけてしまうという(編集部撮影)

11月13日にオープンした東急電鉄の大型商業施設、町田市のグランベリーパークが連日の大にぎわいだ。

「オープン13日目の11月25日に来場者が100万人を超えた。予想を大きく上回る速さだった」(グランベリーパーク広報担当)と、グランベリーパーク担当者も驚いている状況のようだ。

グランベリーパークは、その前身であるグランベリーモールの約100店舗から241店舗と、店舗数面積ともに大幅に拡大している。

ビュッフェ形式店舗「KFCレストラン」の魅力

テナント中、グランベリーモール時に好評だったアウトレット業態が4割、飲食、飲食物販店舗は3割という構成。飲食については、集約せずあえて点在させるなど、パーク内の回遊性を高める工夫をほどこした。

多くの店にテイクアウトの商品を開発してもらい、来場者が館内の椅子や芝生の広場、公園で食べられるようにし、飲食店の席数以上の客数の受け入れを可能にしている。

オリジナルチキンのほかビスケットやサラダ、スープカレー、パスタなどを自由に食べられる(編集部撮影)

「体験、経験」を強調した店舗構成を特徴としており、とくに飲食店はできたて点心、自分で作るタピオカといった、エンターテインメント性の高い飲食店を誘致。狙いどおり人気を集め、開店前から行列ができることも多いという。

ひときわ耳目を集めているのが、KFCのビュッフェ形式店舗「KFCレストラン」だ。

KFCのメイン商品である「オリジナルチキン」をはじめとした店舗でおなじみのメニューや、ここだけでしか食べられない限定メニュー約50種類が食べ放題ということで、平日・休日に関わりなく、オープン前早くから長蛇の列ができている。

次ページなぜKFCレストランがここまで人気に?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。