「すごい人」と知り合いたがる輩に欠けた視点

知り合うだけではまったく何も変わらない

これも、「自分の成長のためには人とコミュニケーションをとることが必要」という意識があったからだと思います。もちろん、自分だけ成長できればいいというわけではありません。お互いに成長し合えるコミュニケーションが理想です。

そして、私は誰と話しても、誰の話を聞いても、素直に「すごいな」とリスペクトします。なぜなら、相手は自分にはない経験や知見を必ず持っているから。だからこそ反対に、自分が持っている経験や知見を相手にギブすることもできると感じています。

「あの人はすごい」という見方はやめたほうがいい

最近気になるのが、一部の若いビジネスパーソンに見られる「すごい人に会いたい」「有名な人とつながりたい」といった姿勢です。もっと言うと、誰か「すごい人」と知り合いになれれば、自分を引っ張り上げてもらえるかも、と勝手に思っている人です。または、「すごい人」と知り合いというだけで、自分が「すごくなった」と勘違いする人。

たしかに、「すごい人」や有名人と知り合いになりたいという感情自体は、とてもよくわかります。ありがたいことに、私でさえ「伊藤さんと話してみたい」と思ってくれる人はいます。もちろん大歓迎です。名刺交換をしたいという人がいれば喜んでするし、お会いした方とは、SNSの友達申請にも応えます。

ただ、1つだけ気をつけたほうがいいなと思うことがあります。それは、「あの人はすごい」「自分より圧倒的に優れている」といった見方をするのはやめたほうがいい、ということです。

「たしかにあなたはすごいけど、私は私なりの考えを持っている」「あなたは成功していて、有名かもしれないが、私にも好きなこと、得意なことがある」。そういうフラットな姿勢で人と接することを忘れないでほしいのです。

なぜなら、そうでないと、コミュニケーションがお互いの成長につながらないからです。そして、相手を勝手に「すごい人」と思うことは、それ以外の人を「すごくない人」と無意識に思ってしまうことにもつながるからです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。