「嫁と孫がよく遊びに来る実家」にはワケがある

「2日に1回は行きたくなる」実家とは…

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの? そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。
前回から、スペイン・バルセロナ在住のある国際結婚夫婦の家事育児事情について紹介しています。テーマは「つかれない嫁姑関係」。前回は、育児で意見が合わなかったらどうするか(記事はこちら)、今回はこの夫婦の家事育児分担詳細と、姑が孫を預かるときの対応について紹介します。

お弁当にパエリア!

次ページ料理は基本Aちゃん、掃除は2人だけどJさんのほうがキッチリ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。