「嫁と孫がよく遊びに来る実家」にはワケがある

「2日に1回は行きたくなる」実家とは…

バルセロナは都会だけど、郊外に行くと自然豊か。カタルーニャ州を代表する山といわれるPedraforca登山中の1枚(写真提供:Aちゃん)

「預かるときに毎回レポートを書くなんて面倒でやってられないよ!」という祖父母側の意見もあると思います。もちろん、レポートは必須ではありません。

ただ、口頭でいいから預かっている間の子どもの様子をしっかり知らせてあげる、そして育児の最終決定権は親にあるという基本認識を持つ。これは、嫁姑付き合いについてかなり大事なポイントなんじゃないかと感じました。

それがあると、預ける側はかなり安心できるし、姑への信頼にもつながります。もちろん、預ける側もそれを当たり前と思わず、つねに感謝を忘れないことも大事です。

いちばん重要なのは「優しい空気感」

ところで、日本ではスペインが「育児先進国」として紹介されることはあまりありません。

確かに、北欧ほど支援制度が充実しているわけではないし、失業率が高いことや平均年収が低い(つまり育休手当の金額も低い)こともあって長期育休を取る親はほとんどいません。

ただ、短期とはいえ男性の育休取得率は日本よりはるかに高く、男性の家事育児参加は当たり前に行われています。残業がほとんどなくて、男女共に時短勤務をしやすいからです。

さらに、家事手伝いやシッターも利用しやすく、社会全体が子連れに対して優しく、夫婦デートはよく聞く話です。「子育ては大変なものだから、周りはそれに協力するのは当たり前。子育て中でも、親が1人の人間としての人生を楽しむ時間を持つのは全然アリ!」の精神が共有されているのはすばらしいなあと感じました。

私がスペインに住んで実感したのは、数字では計れない優しい空気感こそが、子育てするうえでいちばん大事なものだということ。日本は、育児支援制度こそいろいろ頑張っている部分もあるけど、残念ながら「子連れに優しい空気感」は圧倒的に足りないのです。

というわけで、今回学んだつかれない家族になるヒントは……

嫁姑関係につかれた!!

・子どもを預ける側は感謝を忘れない
・預かる側は、その間の子どもの様子をちゃんと報告する
・「夫婦デート」をそれぞれに楽しむべし!

それにしてもお姑さんいろいろできすぎ!!と感心しきりだったのですが、実はこのお姑さんもやりすぎてしまうときがあるそうです。次回はそんなときはどう解決しているかと、嫁姑関係がうまくいくいちばん大事な条件について紹介します。

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT