能町みね子「オカマだけどOL」からの大転換人生

行き着いたのは「恋愛関係のない」結婚生活

アルバイト情報誌で、不動産会社の事務の仕事を見つけた。そこでOLとして働くことにした。

立場上はアルバイトだが、仕事内容は正社員と変わらないものだった。

「最初はバレないか? と思ってビクビクしましたけど、まあ大丈夫そうだなってなりました。

学校を卒業した後、デザイン関係の就職活動もしたんですがうまくいかなくて、結局この会社に居続けることになりました。

『正社員にならないか?』って誘われましたけど断りました。正社員になるためには、戸籍謄本を出さなきゃならなくなるので」

能町さんはOLとして働きながらお金を貯めて、近い将来タイで性転換手術をしようと思った。性転換手術にはもろもろ合わせて150万円ほどかかることがわかった。

「150万円はなかなかキツイですよね。ダラダラ貯めてたらダメだ。一発当てなといけないな、と思いました」

ブログの書籍化で、性転換手術代を稼ごうともくろむ

その当時、出版業界では人気ブログを書籍化するのがはやっていた。恋愛、子育て、鬼嫁、などをテーマにした作品がよく売れていた。

「自分でもいけるんじゃないかなって思いました。

それで本にするのを前提でブログ『オカマだけどOLやってます。』を始めました」

つまり性転換手術の代金を稼ぐために、計算ずくでブログを始めたのだ。

能町さんのもくろみどおり、ブログは話題になり、ブログを始めて1年以内に出版社から声がかかった。

最初に声をかけてきた出版社から単行本は出すことに決めたが、それ以降に声をかけてきた出版社にも、

「イラストやコラムのお仕事があったらやります」

と伝えた。少しずつ仕事が来るようになり、副収入になった。

「そして本が出て、目標の金額が貯まった後に、やりたいことがほかにあるとウソをついて会社を辞めました。そしてタイに行って性転換手術をしました」

次ページ念願かなって性転換手術をしたが、思わぬ事態に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。