能町みね子「オカマだけどOL」からの大転換人生

行き着いたのは「恋愛関係のない」結婚生活

テレビでも「久保みねヒャダこじらせナイト」(フジテレビ)、「ヨルタモリ」(フジテレビ)などさまざまな番組に出演した。

中でも「ニュース シブ5時」(NHK)の、大相撲の解説は感慨深いという。

「就職試験でNHKを受けたのも、大相撲が好きだったからなんですよ。エントリーシートに『相撲に関わりたい』という内容ばかり書いて提出して、落とされましたけど(笑)」

大相撲を追いかけるようになったきっかけ

能町さんが大相撲のファンになったのは、中学校の頃だという。

ある日、両親が升席で相撲を見に行くことになった。ひょっとしたらテレビに映るかもしれないと思って、丸1日テレビで相撲を見ていた。

「結局、親が映ったかどうかは覚えてないんですけど、相撲はすごく面白かったんですよね。若貴や舞の海が活躍してる、大相撲が面白い時代でした」

面白かったので、これからちょこちょこ見ていこうかな? と思った。そして、相撲の雑誌を買ってみた。

「雑誌には中学を出たばかりの新弟子とかが載ってるわけです。

『この子たちを追っていったら、この中から横綱が出たりするんだ』

と思ったら、見ないわけにはいかない、見届けなければならない、と思っちゃったんです」

以来、能町さんは20年以上に渡って大相撲を追いかけている。オールナイトニッポンの中でも、相撲を解説するコーナーを担当していた。若者をターゲットにした深夜番組にしては渋すぎるコーナーと思われたが、なぜか人気になり番組終了まで続いた。

「相撲関係の仕事は、自意識なくできるからすごく楽しいんですよね」

と、能町さんは笑顔で語った。

文章、イラスト、メディア出演と、仕事は順風満帆の能町さんだが、最近になってプライベートにも変化があったという。

「会社を辞めた後は、ずっと1人暮らしだったんです。何人か付き合ったんだけど、結婚までは至らなくて。

37~38歳の頃に、1人暮らしが本当に嫌になっちゃったんですよね」

次ページ誰かと一緒に生活したら、しっかり毎日が過ごせると思った
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT