管理職も私たち流!ナナロク世代の流儀

元専業主婦、落ちこぼれ社員だからこそ

――元の会社に戻ってやってみようと思われたのはなぜですか。

日本コカ・コーラの小林麻美さん

小林:リクルートにいたときに仕事って何かというのがわかって、そこから自分は何をやりたいのだろうと考えたとき、コカ・コーラでこんなことをやりたかったよなあというのがあったのです。

そこで、それぞれの会社の上司だった方に相談したら、2人とも「じゃあやってみたら」という感じで、すごくサポートしてくれたんです。私はひとりで悩んでいたのに、周りの人が全然、悩まずにポンと背中を押してくれて、家族もいいんじゃないと応援してくれました。

――そのときはもう、東京に家族で戻られていたのですか。

小林:いえ、主人がまた別のところに転勤だったので、これから生活の仕方をどうしようかという話をしましたね。

――それはもう別居という形を選ぶと。

小林:そうですね、はい。もうかれこれ7年ぐらい、別々ですね。

パワポも使えない契約社員からのスタート

――伊藤さんは東京に戻られてから就職されたとか。

リクルートの伊藤綾さん

伊藤:東京に戻ってきたら、友達はみんな働いているんです。私はあまりにも先のことを決められていないし、スキルもなかった。ちょっとでもいいので何か仕事をしたいというような感覚でした。でも、たった1年の仕事経験しかなく、自分の実力としてさすがにこれはまずいと思いました。そんなとき、朝日新聞の求人情報でリクルートの1年契約・最高3年雇用の契約社員募集を見つけて応募しました。

――初めは契約社員として働いていたということなのですが、当初から『ゼクシィ』の編集部だったのですか?

伊藤:そうです、『ゼクシィ』編集部に配属になりました。でも、私も白井さんと一緒でエクセルも使えないですし、パワーポイントも使えない、何もできない状態でした。そのとき28歳でしたが、周りの同い年のリクルートの社員は、パワーポイントで積極的にプレゼンテーションをしている。一方で私はパソコンを立ち上げた後、どうしたらいいかさえわからないという状態でしたので、やっぱり最初はとても苦労しましたね。

――そこから企画を出せるようになるまで、どのくらいかかったのですか?

伊藤:初めの1年はまったく鳴かず飛ばずでした。朝起きると会社に行きたくないという状態でしたね。

――よく続きましたね。契約だったら1年ごとの更新だし、契約せずにもう辞めようかなって思いませんでしたか?

伊藤:ここであきらめると、その前とまた同じ1年で辞めることになるので、それはどうしても嫌でした。よく3年は続けろと言いますよね。私は1年しか経験がないということが、自分の中でコンプレックスでしたので、とにかく3年の満了まではやろうと思っていました。

次ページ私たちの管理職スタイル
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT