JR西日本381系「やくも」、国鉄形特急最後の輝き

岡山―出雲市で現役活躍中も引退時期が迫る

381系特急電車。「やくも」用に新造された先頭車は非貫通形だ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(34枚)

在来線の特急列車が1つの節目を迎えようとしている。JR東日本は東京と伊豆を結ぶ特急「踊り子」の使用車両を185系からE257系に順次変更すると発表。251系「スーパービュー踊り子」も置き換える予定とされている。

このシリーズの記事一覧はこちら

185系は国鉄時代に製造された車両だ。国鉄の分割民営化から32年が経過し、特にJR各社のフラッグシップとなる特急用車両は代替わりが激しい。すでにJR東海とJR九州からは国鉄時代の特急形車両が引退しており、185系の引退でJR東日本からもジョイフルトレイン(団体臨時列車用の車両)を除いて姿を消す。

そんな中、最後の国鉄形特急電車となる381系が、鉄道ファンの注目を集めている。JR西日本が岡山―出雲市を伯備線経由で結ぶ特急「やくも」に使用している車両だ。現在は1日15往復走り、ビジネス・観光両面の足として活躍する。

山岳路線の“救世主”として登場

381系は、1973(昭和48)年に中央西線でデビューした。当時、国鉄は非電化幹線の電化を進めており、これに伴って特急列車の速達化も図っていたが、カーブが多い山岳路線は電化だけでは大幅なスピードアップが困難だった。そこで、急カーブを安定して走行できる車両として開発されたのが、381系だ。

381系最大の特徴は、振り子式と呼ばれる構造である。カーブを通過する際には遠心力が働き、車体上部が外側に大きく振られる。これが限界値を超えると脱線してしまうため、カーブ部分は「カント」といって線路を内側に傾けるのだが、カントを大きくすると今度はカーブで停車した時に内側へ倒れてしまう。

そこで、カーブ通過時に遠心力を利用して車体下部を振り、車体を内側に傾けることで高速走行できるようにしたのが、振り子式車両である。

次ページ急カーブでのスピードアップを実現
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT