JR西日本381系「やくも」、国鉄形特急最後の輝き

岡山―出雲市で現役活躍中も引退時期が迫る

一方、「やくも」は1982年の電化置き換えから一貫して381系が使われており、国鉄色から薄紫色ベースの「スーパーやくも」色、窓周りが緑色の「やくも」色を経て、現在は窓周りが赤色の「ゆったりやくも」色へと移り変わった。

サロ381形を改造したサハ381形は2連窓が特徴(筆者撮影)

パノラマグリーン車編成と一般編成でグリーン車の連結位置を統一するため、もともとグリーン車だったサロ381形が普通車のサハ381形に、逆に元普通車のクハ381形がクロ381形に改造されており、「グリーン車によくみられる2連窓なのに普通車」「普通車の窓割なのにグリーン車」が生まれている。

また、リニューアル工事でシートピッチが拡大されたため、現在は全車とも座席と窓割が一致しておらず、真横に窓がない座席もある。

4年後に迫る引退

伯備線の全線電化以来、その看板を背負ってきた381系だが、引退の時が少しずつ迫っている。JR西日本では、2022年度から2023年度にかけて381系を新型車両に置き換える計画としており、381系の活躍が見られるのは長くてあと4年強の予定だ。

「381系は抵抗制御方式で、振り子機器も比較的手がかからず、メンテナンスしやすい車両です。乗り心地についても、快適に乗車していただけるよう改良を重ねてきました。先のことはまだわかりませんが、引退するその日まで元気に走れるよう、丁寧に保守していきたいと思っています」と、後藤総合車両所出雲支所の森山修司支所長は話す。

鉄道ファンの一人として、将来国鉄色に戻った381系が再び伯備線を走ることを期待しつつ、最後までその活躍を見守りたい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT