やる気満々な人ほど「目標達成」できない理由

あなたの計画を邪魔する「気負い」の正体

そして、もう1つ、「気負い」を発見する方法があります。それが「しっかり」「きちんと」「必ず」といった「副詞」に着目することです。

副詞とは、ことの程度や状態を表す言葉です。また「徹底的に」「積極的に」など「〇〇的」という言葉がありますが、これも程度を表す言葉です(正確には、「〇〇的だ」という形容動詞の語尾が「に」になって副詞的な使い方がされています)。

この「副詞」が行動計画に出てきた場合、気負っている可能性がありますから、注意が必要です。実際の例としては、次のようなものです。

・しっかり営業活動を行う
・きちんと品質をチェックする
・積極的にメンバーと話をする

この計画には残念な点がある

このような副詞や副詞的な用法の言葉が入った行動計画をつくると「やるぞー!」という気持ちは伝わってきます。ところが残念ながら、これも実践されにくく、実践されたとしてもそれがどれくらい行われたかが不明な行動なのです。

『科学的にラクして達成する技術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「しっかり営業活動を行う」とは、いったい何をどれくらい行うことを指しているのでしょう? 「積極的にメンバーと話す」というのは、メンバーとどれくらい話すことを言うのでしょうか? いずれも実践度合いがまったく不明です。これでは実践する内容にブレが生じてしまい、結局は継続できなくなってしまうのです。

中には「しっかり〇〇したうえできちんと××し、積極的に△△に努めて必ず◇◇する」とひとつの行動計画にいくつも副詞を盛り込んできて、やる気満々なことをアピールする人がいます。アピール自体は悪いこととは思いませんが、このような「盛り盛りさん」は、行動の実践度、とくに継続性については、かなり問題があります。

ここは少し落ち着いて、「どの程度やろうとしているか」を考えてみることが重要です。そこで、確実に実践され、継続されやすい行動計画にするために「副詞を数値化」してみましょう。数値化によって「どれくらい行うのか」という程度を明確にするのです。

例えば、次のように改良します。

・しっかり営業活動を行う
→1日3回、面談のアポイントメントの電話をする
・きちんと品質をチェックする
→朝と夕方の2回、チェック表を使って品質を確認する
・積極的にメンバーと話をする
→1日2回以上、プライベートなことも含めてメンバーと話す

このように、副詞を数値化することで、実践度が格段にアップしますし、周りにも「計画通りに進んでいるかどうか」が明確にわかるので、計画から遅れたとき、達していないときなどにも、周りから支援してもらいやすくなるのです。

やる気満々が気負いになっている場合は、行動計画の、「難易度」「数」「副詞」に注意をして計画を練り直すと、格段にラクして目標達成しやすくなります。ぜひ、来年の目標のための行動計画を立てるときの参考にしてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT