なぜ香川は、これほど苦戦しているのか?

サラブレッド香川に足りないもの

香川は日本のラッキーボーイになる

ここで話がガラッと変わるが、この所属クラブでの苦境は、約3カ月後に迫ったブラジルW杯にどう影響するだろうか? 試合勘が鈍ることを心配する声も上がっている。

個人的にはこの点はまったく不安視していない。

2002年W杯のとき、日本代表で最も活躍したのは、当時アーセナルでほとんど出場機会がなかった稲本潤一だった。なぜか? 所属クラブに超一流選手がそろっており、日々、高いレベルに触れることができていたからだ。大会後、稲本は「アーセナルでは、毎日がW杯のようだった」と語った。アーセナルのようなビッグクラブにいれば、下手な試合よりも、よほど感覚が研ぎすまされるのである。
W杯はシーズン終了後に行われるため、1年間フルで戦った選手が疲弊していて力を発揮できないことがある。中村俊輔が2006年W杯も2010年W杯も、トップコンディションで臨めなかったのは、日本サッカー界のトップランナーとして高いレベルに挑み続け、疲労が蓄積されていたことが一因だった。もちろん所属するクラブで出場できないのは辛いことだが、W杯を意識して焦る必要はない。試合勘に関しても、W杯前の準備期間に親善試合を行うので問題ないはずだ。

だから、大胆に予想したい。

香川は2002年W杯の稲本のように、日本代表のラッキーボーイになる、と。少なくともグループリーグで2得点。ブラジル人も驚くような細かいタッチとステップで、背の高いコートジボワールやギリシアの選手たちを翻弄してくれるはずだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。