なぜ香川は、これほど苦戦しているのか?

サラブレッド香川に足りないもの

ただし、どんなチームに入ったとしても、どんなに考えが合わない監督が来たとしても、信頼を勝ち取って結果を残すのが真に優秀なプレーヤーだ。

指揮官との考え方の違いを差し引いたとしても、なぜ香川はマンチェスター・ユナイテッドでここまで苦戦しているのだろう?

それを考えるには、まず選手としての「武器」をきちんととらえる必要がある。
香川の武器は、世界トップクラスの「敏捷性」と繊細な「ボールタッチ」だ。しなやかな体を生かして小刻みにステップを踏むことができ、スタンドから見るとひとりだけ早送りしているかのようだ。ボールを受ければ、細かくタッチしながら、くるっと反転して相手をかわしてしまう。

ボールを細かくタッチするメリットは、相手の出方に応じて、瞬時にボールをほかの方向に移動できることだ。ヴァンフォーレ甲府の城福浩監督は「サッカーで最も大事なのは、プレーをぎりぎりで変更できる能力」と語る。香川には、まさにその能力がある。

香川はサラブレッド

川崎フロンターレの風間八宏監督は、フジテレビの解説者時代、香川のよさをこう説明していた。

「香川は相手の届かないところに仕掛ける。そうすると相手は反応するしかない。香川はその反応をよく見て、相手の動きの逆を突くことができる。だから狭いところでも、相手につかまらないのです」

ボールを持っているときも、持っていないときも、香川の身のこなしは実になめらかだ。前に行こうとして相手がついてきたら、踏ん張ることなく柔らかいステップで方向転換することができる。代理人のトーマス・クロートが「シンジのような才能は、今後しばらく日本から出て来ないだろう」と絶賛するのもうなずける。

「動き分析」のプロのトレーナーから見ても、香川はサラブレッドだ。これまでプロ野球、Jリーグ、ゴルフなど、あらゆるスポーツに携わって来たトレーナーの西本直はこう分析する。

「香川選手のドリブルやターンの動きは、頭を動かさず、身体を振り子のように使っています。糸で頭を上に引っ張られて、それより下の部分が前後左右に自在に動くイメージです。こういう体の使い方をすると、どちらの方向にも素早く動くことができる。相手は対応しにくいですよね。どちらへでも切り返せて、いつでもシュートが打てるという体勢です」

次ページネイマールに通じる弱み
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。