仕事で評価されない人はミスの対処を知らない

18コに分けられた要因をつかめば挽回できる

ミス・失敗の対処法次第では「この人に任せれば間違いない」という評価も得られます(写真:Fast&Slow/PIXTA)
ミスや失敗は、その後処理によって、「評価を上げる」ための最短ルートに変身します。では、どのように対処すればいいのでしょうか。
工学の専門分野「失敗学」に基づいた失敗やミスの克服方法を、『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』の著者・飯野謙次氏が解説します。

何か新しいことを始めようとするとき、ミスや失敗を経ずしてうまくいくことは、ほぼありません。あるいは、日々の業務においても、どんなに注意してもミスや失敗を100%撲滅することはできません。

実際に、たくさんの新しいことにチャレンジしている人や、日々、忙しく多くの業務をこなしている人ほど、ミスや失敗のリスクにさらされているといえるでしょう。

なぜミスや失敗をしたのに評価が高い?

そう、一般的に「評価の高い人」ほど、実はたくさんのミスや失敗をしているのです。

たくさんのミスや失敗をしていながら、彼らの評価が高いのには、理由があります。ミスや失敗を通して成功をつかみとれる人というのは、「ミスの処理後」が違うのです。

ミスを極度に恐れる人が『実は損している』理由」(2019年11月14日配信)で、ミスや失敗こそ飛躍のチャンスだというお話をしましたが、それでもやはり、ミスや失敗自体は誰にとっても「イヤな出来事」「忘れたい出来事」です。

次ページミスや失敗で評価を落とす人とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング