安倍首相、岩盤規制はドリルでは壊せません

マネーの反乱は、再び起きるか?

日経平均株価は、2月に入って1万4000円を一時割り込みました。為替も一時、1ドル=100円台まで円高が進行しました。
その後、自律的な反発や、日銀の「貸出支援基金制度の拡充」などを理由に値を戻しましたが、先行きは不透明感も漂います。こんな状況ですから、草食投資隊に先行きに対する見方も含めて、分析してもらいましょう。

結局、昨年秋の水準に戻っただけ?

渋澤 おはようございます。今回はいつもと違って。

中野 はい。古書の街・神保町のファミレスでの鼎談です。

藤野 あれ? 渋澤さんはもう朝ごはん食べたんですか。

コツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、コモンズ投信会長渋澤健さん(中)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(右)

渋澤 ちょっと早い時間に来ていたので、先に済ませました。

藤野 じゃあ、僕はフレンチトーストセットを下さい。 

中野 私も同じもので!

藤野 ところで2月に入ってから株価がけっこう下げましたけど、おふたりはどう見ていますか。僕自身は、それほど懸念はしていないのだけれども……。

渋澤 昨年末の上げ相場で、実はちょっと嫌な感じはしていました。自分が「あまのじゃく」なのかもしれませんが(笑)。なんか、上がるから楽観的な市場の見通しが多くなっているという感じがして。だから、この調整で、自分的には居心地がよくなりました。

次ページもう一度、相場は上がるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT