「ハンパな優等生」が職場で嫌われる4大理由

会議では「解説」ばかり…あなたは大丈夫?

「ハンパな優等生」が周りから嫌われる1つ目の理由は、自分にとって「余計なことはしたがらない」ことである。

とにかく「丸ごと」まねようとしてみる

【1】自分にとって「余計なこと」をしようとしない

「すごく偉い人は謙虚である」というのは、偉人のエピソードとしてよく聞かれる話だ。

松下幸之助さんが、新入社員の話にもノートとペンを持って耳を傾けていたというのは、有名な話だ。これは会社でも同じである。

謙虚というのは、単に物腰が丁寧だったり、控えめだったりするのをいうわけではない。学ぶことに貪欲だからこそ、「誰からでも」「すきあらば」「機あらば」学び取ろうとする。自分が持っていないもの、苦手なものを持っている人から、学び取ろうとする。その姿勢が「謙虚さ」となる

今まで出会った「本当に優秀な人」に共通するのは、とにかく丸ごとまねようとすることだった。「学びはまねび」から来ているということを知っていた。

それに対して、「ハンパな優等生」にはそうした謙虚さはなく、ちょっとでも自分より下だと「そいつからは学ぶものはない」と決めてかかっているかのごとく、相手にしない

そして、自分で決めた「特定のこと」以外は、「余計なこと」として受け付けない。自分より下の意見は聞かない。自分の決めた枠以外には見向きもしない。これでは仲間も仕事もどんどん離れていってしまう。

せっかくの情報も、自分の少ない経験に無理矢理あてはめようとしたり、フィルターをかけたりしたら、自分がわかっていること以上のことはわからない。

いったんは「丸ごと」そのままで受け入れる。批評は、そのあとでも十分間に合うのだ。

次ページ「想像力」ありますか…?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。